現地通貨の入手はATMキャッシングが一番おすすめ

クレジットカードを利用した現地通貨入手方法のメリット

海外でその国の外貨を入手する方法は、両替店、銀行、ツアーガイド、ATMキャッシング等、色々あります。

私はいつもATMでJAL DCカード(一般)を使ってキャッシングしています。この方法は借金でもあるので、利子がかかります。が、実は一番安全でお金のかからない方法です。

ATMキャッシングのメリットデメリットを他の両替方法と比較して行きます。

現地通貨の入手方法

1.両替店 沢山あり、レートも手数料もバラバラ

1つ目は両替店です。

  • 空港内や市街地、観光地にはたくさんあります。
  • 手数料やレートは各店バラバラです。
  • 目立つ店や空港内ではレートが高く、レートの良い店はへんぴな怪しい(失礼)所にあってなかなか見つけられません。
  • 空港では深夜でも開いていますが、空港以外の場所では、昼間以外はほぼ閉店しています。
  • 偽札を掴まされられる可能性は、一期一会ですのでないとは言えません。

2.銀行 レートは悪いが安心・安全

2つ目は銀行です。

  • 空港や市街地にはそれなりにありますが、空港以外では平日昼間以外は閉店しています。
  • 手数料は高くてレートは悪いです。
  • 偽札は出てくることはありえないでしょう。

3.ツアーガイド レートが良く、安全

3つ目は、ツアーガイドさん。当然ですがツアーに参加していなければ利用できません。

  • レートはかなりいいです。手数料はとっていなさそうです。
  • 営業時間ですが、夜中に起こして両替してもらうなんて失礼なことはできませんね。
  • 数日間は行動を共にするので偽札はないと思います。

4.ATM どこにでもありレートが良い 偽札の心配もほぼなし

4つ目は、本命のATMキャッシングです。

  • 空港や市街地は当然ですが、人が住んでいれば田舎にも普通にあります。前述の3つとは比べ物にならないぐらい多いです。
  • 24時間稼動しています。夜中に稼動していないATMは見た事がないです。
  • 経験上どこでもレートはかなりいいです。
  • ATMを管理しているのは金融機関ですので、偽札もないでしょう。
  • 手数料は0円です。タイは1回150バーツかかりますが、それ以外の国では聞いた事がないです。カード会社によってはあるかもしれません。

キャッシングの利子を安くするには繰り上げ返済を

先にも述べましたが当然ながら借金になるので、利子がかかります。最高で年利18%で、1万円の1日の利子は約5円です。

実はこの利子は安くできます。カード会社からの請求を待たずに、こちらから電話して繰上げ返済をするのです。1万円を5日で返済すれば利子は約25円です。振り込み手数料や電話する手間等考慮しても十分元は取れます。

このように工夫が必要ですが、やはりATMがおすすめです。なぜならば、田舎にもあって24時間営業の安全な場所の偽札の出てこないレートの良い両替店や銀行など絶対にありえないからです。

また、必要な時に必要な額だけ現地通過を入手できますので、大金を持ち歩かなくて済みます。万が一、強盗被害にあっても被害額を抑えることができます。

もうひとつ工夫ですが、クレジットカードは複数、DC・VISA・JCB等バラバラの海外ブランドを持って行きましょう。

国や地域、ATMによって使えなかったり、ATMの故障でカードが戻ってこないなんて可能性もあります。時間がなくてその場では諦めてもあとでカード会社に連絡すれば大丈夫です。

現地通貨調達方法 比較表

自分の主観ですが、表にしてみますとこんな感じです。

1-1 レート 営業時 店舗数 偽 札 手数料 利 子
両替店 ◎~× 0円
銀 行 × × × 0円
ガイド × 0? 0円
ATM※ 0円
※タイは1回150バーツ
5円(1万円1日)

トラブル対策にある程度の出費は必要ですが、出費は少しでも抑えた方がいいですよね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加