ゴールドカードのすすめ、3つのメリット


restaurant / hitsnooze photo by Lea Latumahina

近年、日本でもクレジットカードの流通が進み、1人に1枚、中には複数枚所有している方も多いのではないでしょうか。

私も大学生時代からクレジットカードの利用を始めました。初めて持ったのは三井住友VISAカード、利用限度額は月10万円。学生時代の懐事情では、十分に機能したカードでしたが、社会人になると状況は一変。出張の経費や深夜に帰宅する際のタクシー代などクレジットカードで立て替える機会が増え、月10万円の利用額ではとても対応できなくなってしまいました。

shikata2015013

カード会社に相談すると、コールドカードへの切り替えを進められましたが、一番のネックとなったのは年会費。限度額が10万円のカードでは1,000円ほどだったものが、ゴールドカードでは10,000円以上に跳ね上がります。この年会費のため、ゴールドカードへの切り替えを躊躇するケースもあると思います。

しかし、高い年会費の裏側には、それなりのサービスが付帯されているのです。今回は、ゴールドカードの中で、特に海外旅行をする際におすすめのサービスを紹介します。

ゴールドカードのメリットその1 付帯保険の充実

第一のメリットとして、保険があげられます。

海外旅行に出かける際、旅先で病気になって医師の診察や入院が必要となった場合の治療費や、盗難などのトラブルにあった際の補償に備えて、海外旅行保険に加入される方も多いのではないでしょうか。

出発前に保険内容をインターネットでチェックして、加入手続きを済まされる方もいれば、うっかり手続きを忘れて、慌てて空港で加入した経験がある方もいらっしゃると思います。

ところが、ゴールドカードの場合、最長3カ月まで自動的に海外旅行保険のサービスが付帯されます。航空券をカードで支払うと保障内容がアップし、三井住友VISAゴールドカードの場合、傷害死亡・後遺障害で最高5,000万円、携行品損害に対しては50万円と、補償内容は保険会社の契約に比べても遜色はありません。

例えば、1週間の旅行で、保険会社の標準的なプランに加入した場合、保険料は約9,000円となります。この料金がゴールドカードでは実質無料となりますので、仮に年1回海外旅行に出かければ、クレジットカードの年会費は、付帯される海外旅行保険で相殺できてしまうのです。

ゴールドカードのメリットその2 空港ラウンジ利用

2つ目のポイントとしては、空港ラウンジの利用です。

飛行機に乗り遅れないよう、早めに空港に到着される方もいらっしゃるかと思いますが、その後、みなさんは空港でどのように過ごされていますか。レストランで食事をとったり、カフェでコーヒーを飲んだり。時間を持て余してしまうこともあるでしょう。

さらに、お盆や年末年始は空港も込み合っているため、待合所も大変な混雑となります。このような時に、ゴールドカードが1枚あれば、混雑を避け、出発までのひと時をラウンジでコーヒーを飲みながら、ゆったりと過ごせます。

ラウンジは羽田、成田、関西など全国の主要な空港に設置されています。ラウンジと聞いて、敷居が高く尻込みしてしまいそうになるかもしれまんが、入場手続きは至って簡単。ゴールドカードと当日搭乗する航空券かeチケットを提示するだけで済みます。

ラウンジ内には、コーヒーやフルーツジュースなどの飲み物に加え、スナック菓子やチョコレートなどが用意されています。これらのサービスは無料で、アルコール類は料金を支払えば提供されます。

クレジットカード会社のラウンジの中には新千歳国際空港のように、滑走路に面した大きな窓張りの空間で、飛び交う飛行機を眺めながら、出発前のひとときをゆったりとくつろいで過ごすことができるのです。このようなラウンジは利用料として1,000円程度かかりますが、ゴールドカード会員は無料。ラウンジを利用しない手はないのです。

ゴールドカードのメリットその3 ワンコイン宅配

最後に、紹介したいサービスはワンコイン宅配です。

海外旅行保険やラウンジはご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、意外と知られていないのが、このワンコインで利用できるサービス。その内容は、海外から帰国した際、スーツケースなどの手荷物を1個、自宅まで500円で送れるというものです。大きさにもよりますが、通常の宅配ならば地域によって2000円前後かかるところが、ワンコインで済んでしまいます。

帰りの飛行機で疲れた体で、お土産を詰め込んで重たくなってしまった荷物を自宅まで持ち運ぶのは一苦労。よってこのワンコイン宅配サービスはおすすめのサービスです。利用の条件として、海外でゴールドカードを利用すること。と言っても、高価なブランドバッグなどを購入する必要はなく、スーパーで小さなペットボトルの水1本を買うだけでも構いません。そのレシートと所有するゴールドカードを空港の宅配受付窓口で提示すれば、サービスを利用することができます。

ここで紹介したのはゴールドカードの主な3つの優待サービスです。カードの切り替えで悩んでいる場合や、年会費が高いと感じているカード会員の方には、是非これらのサービスがおすすめです。こうしたサービスを活用すれば、利用価値は高まります。是非この機会にゴールドカードの加入を検討されてみてはいかがでしょうか。(了)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加