シンガポールで強いクレジットカードはVISAとアメリカンエキスプレス。


The Heart of Orchard Road, Singapore / williamcho photo by William Cho

2010年3月のシンガポール旅行で、観光やショッピングで有名なオーチャードにあった雑居ビルでお土産を購入しました。オーチャードといえば日本の伊勢丹や高島屋等が出店していることで有名な街ですが、怪しげな店が入っている雑居ビルも存在します。

海外出張に行くと、お土産に現地の物を買って帰ろうと思い繁華街に行きます。土産を探すのに一番苦労したのがシンガポールです。

マレーシアのクアラルンプール・ペナンとアメリカのロサンゼルス・シアトルにも行きましたが現地の土産は簡単に手に入れることができました。

ところが、シンガポールの繁華街であるオーチャードに行ってみると先に出てきたような日本の有名デパートがあり、有名メーカーの工場も多いことから日本製品や欧米のブランド店が多く現地の土産が意外と置いていない事が判りました。そこで地元の人が行きそうな雑居ビルに行き店を回ってみました。

クレジットカード利用可のシールが貼っていない雑居ビルの店でVISAカードが使えた!

雑居ビルは、オーチャード駅に向う地下街から上がったところにあります、メインストリートを挟んで高島屋ショッピングセンターの向かい側にあるビルです。観光地の中にあるビルだからなのか、有名店舗は入っていないものの現地の土産のようなものをあつかっている店も多くありました。私は小さな店で生姜入りのレモンハーブティーを買うことにしました。

会計を始めた後で、クレジットカード利用可のシールがどこにも張っていないことに気がつきました。英語が堪能ならば店員に聞くこともできるのですが、ろくに会話もできない為、持っているクレジットカードを出してカードのロゴを見せて確認してもらいました。ジェスチャーでVISAはOKを貰えたので無事に買い物を済ませることができました。

経済的に発展し治安も良いシンガポールですが、日本にいる時のように現金を持って歩くのは不安で、基本はクレジットカードで決済をしていました。私が買い物した限りではVISAカードが利用できない店舗は無く、比較的小さな店でも決算可能でした。他のカードも試してみましたが、2010年当時ではJCBとマスターカードがCMで宣伝しているほど利用できないという事が判りました。

海外旅行や出張で、換金を行うのが面倒という理由でクレジットカードを利用する同僚も多いですが、持っているカードはアメリカンエキスプレスかVISAです。この2種類を持っていればカードが使える店舗であれば会計ができそうです。

作者:tama

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加