デルタのバイマイルキャンペーンで、正規割引航空券の3分の2の金額で特典航空券を手に入れる。

デルタのバイマイルキャンペーンで特典航空券をゲット、タヒチでのんびり

ノースウエスト航空(NW)がデルタ航空(DL)と合併したのは2008年10月。合併後のマイル口座はどうなる?特典の必要マイル数はどう変わる?と、暫く情報が錯綜していましたが、2年経ったらすっかり落ち着きました。

2010年10月、翌年のシルバーウィークのタヒチ旅行のための特典航空券手配を手配しました。

デルタのマイルでエア・タヒチ・ヌイの便の予約は電話でしかできません。

デルタ航空(DL)のWebサイトからは自社便は予約できますが、今回は提携航空会社のエア・タヒチ・ヌイ(TN)の便を利用するので、電話でしかできません。3年かけて貯めたデルタの72,000マイル、このうち70,000マイルで夫の特典航空券を手配します。

もう1枚私の分は、エア・タヒチ・ヌイと共同運航のJAL(JL)で正規割引航空券を予約し、代金の半額ぐらいはJALマイルをクーポンに換えて支払う予定でした。こちらは航空券の運賃が発表されてからしか手配できないので、翌年2~3月頃にする予定でした。

注意しましょう!デルタ航空の特典予約受付開始日は、帰りのフライトの331日前です。

さて、デルタ航空の特典予約受付開始日は、帰りのフライトの331日前です。行きのフライトの331日前にはまだ予約できません。

昨年はこのことをよく知らず、往復を別々に予約しようとし、帰りの便を予約しようとしたときには、先の一度予約番号が発行された予約が無効になっていました。その時点で行きの便は既に満席、行き先を変更するしかありませんでした。そんな苦い思い出があるため、今回は事前の情報収集をしっかりとしました。

帰りの希望の便が9/25なので、10/29が予約開始日だと思うけど、もし間違ってて遅くて取れないとくやしいので、前日にデルタ航空に電話して聞きました。
「はい、明日ですよ。」「何時からですか?」「14時ぐらいなら確実です。」

当日13:45頃、デルタ航空のWebサイトで全く別の行き先のデルタ便の特典空席照会をしてみたところ結果が表示されたので、電話予約もOKだろうと判断し、電話しました。
「はい、往復とも空いております。」
ヤッター!!そのまま発券手続きをしました。

JALで航空券を買うつもりが、デルタのバイマイルキャンペーンを発見!正規割引航空券の3分の2の価格で特典航空券が
手に入ります。

と、たまたまデルタ航空のサイトを見ていたら、バイマイルで50%ボーナスキャンペーン中です。

私のデルタマイル残高は2,000マイル、もう1枚をまた特典で手配すると69,000マイル必要ですが。46,000マイル買うとボーナスで23,000マイルもらえるので、これで70,000マイルに到達します。

1マイルあたり$0.028、税金7.5%、そして現在円高で$1約82円。発券手数料や税金、燃油サーチャージも加算してみると、必要資金は145,000円ぐらい。比較のために、JALの今年同時期のタヒチ行き航空券の価格を調べてみたら、195,000円と燃油サーチャージが21,000円。合計216,000円。

結論、マイルを買ってデルタ経由で特典航空券を手配したほうが、JALで航空券を買うよりも71,000円安く手配できる!
10/30にデルタ航空へ電話して、特典の空席状況を聞いたら
「はい、まだ空いていますよ」
とのお返事。じゃあ、マイル買っちゃう!!

即決。私の分ももう発券してしまいました。

こんな方法、ウラワザすぎー!おトクすぎて誰にも教えられなーい!
ずっと内緒にするつもりでしたが、公開してしまいます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加