アメックスのメンバーシップリワードプラス活用し、デルタマイルで年末年始ニューヨーク旅行!

デルタスカイマイルで年末年始にニューヨーク旅行

2013年秋、年末年始のニューヨーク旅行の為に、アメリカン・エキスプレスのポイントをデルタのマイルに交換した。取り敢えずデルタに電話を掛けて、スカイマイルメンバーになりマイルでチケットを購入!!やはりカードのポイントをマイルに交換するのはお得に感じる。

私のメインのクレジットカードはアメリカン・エキスプレス。基本的にはこれで何でも使う。公共料金から家族の携帯代、電化製品、趣味や旅行費や仕事のの出張費、もちろん予約するのもアメックスの旅行予約、接待費、家族の車検代や家族の大きな買い物までアメックスで支払いポイントを貯める。

メンバーシップリワードプラスに加入、倍のレートでマイルを手に入れる準備をする。

5~6年くらいの間に35,000万マイルくらい溜まったので、メンバーシップリワードプラスに入る。メンバーシップリワードプラスとは、参加登録費3,000円+消費税を払えば

  • ポイントの換算レートが1.5~2倍に
  • 最大3年間のポイントの有効期限が無期限に

なるサービスのことだ。

倍のレートでポイントをデルタマイルに移行する。

どこの航空会社にするか迷ったが、アメリカへ行きたかったので、デルタに決めた。デルタのホームページでスカイマイルに登録!!

電話でマイルを特典航空券に交換する

今度はチケットを購入するためにホームページを見たが、私には少し難しく、デルタの国際線予約センターへ電話を掛けた。対応してくれた女性はとても丁寧にチケット購入の手続きをしてくれた。30,000マイル程度で2013年12月22日(日)14:30Delta Air Lines172便成田(NRT)発、ジョン・F・ケネディ国際空港(JFK)行きの片道航空券を手に入れた。

因みに帰りの航空券はカード払いだ。もちろんESTAはチケットを購入した次の日には手続き済みだ。

デルタの特典旅行券で、いざアメリカへ!

2013年12月22日、Delta Air Lines172便に乗り込みいざ出発。座席は一番後の通路側を取った。機内ではアジア系でも殆どの人が英語を話すので日本人と分かって少しほっとする。

12時間近くのフライトを終えて現地時間13:05にJFKに到着。入国審査を待つ多種多様の外国人。今まで見た中でも一番混んでいたかも?
結局入国審査から荷物を受け取って外に出られまで一時間以上は掛かった。もうぐったり。でも友人が私を見つけてくれて、名前を呼んでくれたら一瞬で元気が戻った!!

ブルックリンで最初に食べたのはラーメンバーガー

車で迎えに来てくれた友人は取り敢えずブルックリンの倉庫の様な建物の中で同級生がお店を開いてるからと案内。良いのか悪いのか普通に路駐して中へ。同級生はラーメンバーガーのスタッフだった。

Ramen Burger - TDB
Ramen Burger – TDB / ManEatManila

なので私がニューヨークで最初に口にしたのはラーメンバーガーだ。他にはおしゃれな雑貨の店やオイスターバーなどもあった。

マンハッタンの韓国料理、そしてあのマグノリアベーカリーへ

その後マンハッタンから車で30分くらい離れた友人のお母さんが暮らしているカトナへ。

次の日の夜、タイムズスクエアに行った。マンハッタンは観光客が多い。私の友人、Jと、Jの同級生と待ち合わせをしてディナーへ。コリアンタウンの“ミスコリア”で韓国料理を食べた。どこの国でも韓国料理は美味しい。

その後マグノリアベーカリー(このお店の名前は数ヶ月後に知った。今日本でも有名らしい)でカップケーキを買い込み友人のアパートメントへ。

Magnolia Bakery - NYC
Magnolia Bakery – NYC / m01229

カップケーキは本当に甘い。甘すぎる。しかし甘すぎて可愛くて美味しかった。

手作りのカクテルの容器が何と使い終わった瓶の容器だった。その時はびっくりしたが、今なら日本のおしゃれなカフェでも空き瓶で出てくる。今思うとカップケーキも空き瓶も最先端だったのだ。

すべての店が閉まるクリスマスシーズンは友人たちと過ごす。

24日クリスマスイヴ。Jの従兄弟のマンハッタンから少し離れた郊外の家に招待された。アメリカではクリスマスにはお店が閉まり家族で家で過ごすのだ。Jに日本人はクリスマスにケンタッキーを食べ恋人同士で過ごすと説明され、皆ビックリしていた。その後数日はJの家でのんびり過ごした。

30日、1日はワシントンD.C.へ。

12月30日、Jと私の友人Wに会いに高速バスでワシントンD.C.へ。街並みが古くとても気に入った。Wは友人とアパートメントの一部屋をシェアしていてその友人がバケーション中なのでその友人の部屋が私たちの寝る部屋になった。アメリカでは友達がバケーション中に友達のベッドを貸すのは普通らしい。

次の日朝7時に起きて近所を1人で散策。寒かったがとても美しい街だった。すれ違う人々は笑顔で私に「ハッピーニューイヤー」と言ってくれ、思わず私も笑顔で言い返す。穏やかな街だった。

DSC02929

ワシントンD.C.のレンタサイクル”キャピタルバイクシェア Capital BikeShare”がとても便利だ。

昼間はJと一緒にワシントンD.C.見学。ワシントンD.C.ではあちこちに”キャピタルバイクシェア Capital BikeShare”というレンタサイクルが置かれている。

料金は最初の30分は無料で、1日7ドル。料金の支払いはクレジットカードのみ。3日・1ヶ月・年間契約もあるらしい。


ILN14 Day 2 – Innovation Safari – Capital Bikeshare Washington, DC 42329 / tedeytan

自転車本体を借りるのではなく、自転車を乗る権利を買うシステムだ。”Capital BikeShare”と書かれた赤いバイクなら、乗りたい場所で乗り、降りたいところで赤いバイクのスタンドに乗り捨てできる。


Capital Bikeshare / Daquella manera

権利を買った時間内なら、ワシントンD.C.のどこでも、一日中乗ったり降りたりできるので凄く便利だった。行きは徒歩やバス、帰りは自転車、その逆もできてオススメです。

ワシントンD.C.では夜1時以降は酒が飲めない

その後友人Wの勤めるバーへ。D.C.では夜1時以降はお酒が飲めないのだ。コンビニでの販売も禁止。アメリカでは州によって法律が違うので、まぁDCだから仕方ないのかもと思いJと一緒に大人しく友人Wのアパートメントへ。

因みにカウントダウンと言えばニューヨークのタイムズスクエアが有名だが、Jに言わせれば
「地元の人たちは行かないよ。地方からの観光客と外国人観光客だけだし混んでる。」
とのこと。

元旦はピーターパン・バスラインズに乗ってニューヨークへ

年明け1日の夕方ピーターパン・バスラインズ(Peter Pan Bus Lines, Inc.)に乗ってニューヨークへ。

Peter Pan D4500
Peter Pan D4500 / njt4148

夜の12時頃マンハッタンに着きお腹が空いたのでレストランへ。バーベキュー料理を食べてその後真夜中のニューヨーク散策へ!!ブロードウェイを通ってセントラルパークまで歩き5番街へ。もちろんどのお店も閉まっている。と思いきやAppleだけは夜中の2時を過ぎても開いていた。

ニューヨークもD.C.も食事は美味しかった。

ニューヨークでもD.C.でも外食したお店はどこも美味しかった。あまり期待していなかったのでびっくりした。ステーキもハンバーガーも韓国料理も中華料理もピザもベーグルもカップケーキも何もかもが美味しかった。ガイドブックでは無くてJや友人たちが選んだお店だからそこそこの値段でとっても美味しくてお洒落なお店だったのだろう。

人種差別は感じなかった。

多民族が暮らしているニューヨークで黄色人種としての人種差別は感じなかった。若い女の子たちからはいきなりそのバッグ可愛いね!!と言われ、日本人?と聞いてくる人もいれば、こんにちは!と挨拶する人もいた。とても嬉しかった。

ただし、ニューヨークの人々(特にマンハッタンがそうなのか?)は何人であろうと英語が喋れると思っているので要注意!!

2週間の旅行を終え、日本へ戻る。

1月7日、Delta AirLines473便JFK発NRT行きで日本へ戻った。しかしその年のニューヨークは大寒波に襲われその日は特に寒くて外は息をするのが苦しい程だった。ニューヨークは寒い。しかし建物のなかはとても暖かくて半袖で過ごせるくらいだ。日本より快適かもしれない。

そんなこんなで私の2週間以上のニューヨーク旅行が終わった。と思ったが観光らしい観光をしていないことに気づいた。ただ、私は普通の旅行者ができないような体験がいくつもできた。ニューヨークの人々の普段の暮らしに触れられたのだ。しかも一年で一番華やかなクリスマスシーズンに!!それは私の素晴らしい経験の一つになった。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加