乗ってマイルを貯めてイタリア旅行へ

イタリアのドゥオーモ(大聖堂)

8年かけて貯めたデルタ航空(DL)のスカイマイルで、イタリアへ行ってきました。

ノースウェスト航空(NW)を利用していたころからマイルを貯めていました。デルタに移行後は提携航空会社も使い、ほとんど飛行機に乗って貯めました。

ひたすら乗ってマイルを貯める

デルタ特典航空券の日本とヨーロッパ間の片道に必要なマイル数は、エコノミークラスで5万マイルからです。

マイルを貯めるために、アメリカに行く時にはデルタ航空(DL)に乗りました。デルタ航空が飛んでいないヨーロッパへは提携のKLMオランダ航空(KL)やエールフランス(AF)に乗りました。

一度の旅行でたまるマイルはデルタ航空で約10,000マイル、提携航空会社で約6,000マイル、どちらもエコノミークラスの利用です。

貯まったマイルで念願のイタリアへ!

今回は長期滞在で帰国の時期をはっきり決めていなかったので、行きの航空券だけをマイルと交換し、いつ帰国するか決まってから帰国日の2ヶ月前に帰りの航空券をマイルと交換しました。

必要マイル数が上がる連休を避けてKLM航空で出発

7月の連休にかかると同じ区間でも必要マイルが5万マイルから8万マイルに上がるので、出発は連休の前の週を選びました。マイルを貯める時と同じく提携航空会社を利用できるので、KLM航空にしました。

手続はすべてWEB上でできる

特典航空券を利用できるのは火曜日〜木曜日の便のみです。航空券はマイルと交換なのでお金がかかりませんが、空港税と手数料合わせて2.5万円程かかります。空港税と手数料はクレジットカードで支払えます。全てWEB上で手続きできます。

座席の指定はできますが、真ん中の席しか選べませんでした。座席指定料を払うと通路側や窓側を選べます。

出発当日は、印刷したEチケットをチケットカウンターに持っていくだけ

Web上で購入をすませると、通常のチケットを購入する際と同様にEチケットが送られてきます。当日は印刷したEチケットをチケットカウンターに持っていくだけです。通常に購入した場合と手続きは変わりません。フライトに関しても通常に購入した場合と同様のサービスでした。

マイレージカードは持っているだけで特典が受けられる

マイレージカードはマイルが貯まる以外にも、持っていて得することがあります。

エール・フランスを利用した時はエコノミークラスのチケットでしたが、プレミアムエコノミーにアップグレードになりました。また、ホテルでも特典を受けられることがあります。

色々な特典がありマイルも貯まるので1枚持っておくことをお勧めします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加