フェス会場に移動式のATM!現金は持ち歩かないニュージーランド人

2facewestcoastニュージーランドのクレジット事情20150219画像1

ニュージーランドでは利便性・安全性の面から現金を持ち歩く人が少なく、カードを使う生活が浸透しています。現金は持ち歩かずに携帯電話と一緒にカードを持ち歩くスタイルをよく目にします。若い人などスマホカバーに数枚のカードを入れて、それだけ持って出かけて行くことも。

小さなお店や郵便局・図書館・国の施設などでも、ほぼ全てのお店でカードの利用が可能です。スーパーにもセルフサービスの無人レジがあり、カードで簡単に支払えます。

各種「VISA(ビザ)=就労ビザ・学生ビサ・永住権等」の申請料金の支払いなどもクレジットカードの利用ができました。

2facewestcoastニュージーランドのクレジット事情20150219画像2

また、街中の至る所の壁に埋め込み式のキャッシング専用のATMがあり24時間いつでもお金を引き出せます。もちろんニュージーランド発行のカードでなくても、VISAやマスターカードなどJCB以外のあらゆるカードが利用可能ですし、中国語はもちろん日本語対応のATMも存在します。そういった面を見れば、ことカード社会の面においては日本よりもだいぶ進んでいる気がします。

2facewestcoastニュージーランドのクレジット事情20150219画像3

(余談ですが、日本の銀行にある様な入金も出来る通常のATMは、銀行に行ってもほとんどなく、未だに銀行のポストに専用の入金袋で投函入金するシステムなども健在です。)

ニュージーランドのクレジットカードは、通常銀行会社より発行されキャッシュカードなどにも「EFTPOS(エフトポス)=(デビット機能)」が付いています。有名な銀行で言えば「ASB(エーエスビー)」銀行や、日本やオーストラリアにも支店がある「ANZ(エーエヌゼット)」銀行などで、銀行口座と連携してクレジット支払いがネットで確認できます。また、学生には格安の利子で利用できるサービスなどもあるようです。

現金を持ち歩かないニュージーランド人、イベント会場では移動式ATMが活躍する。

そして、この国で私が一番驚いたのは移動式のキャッシングATMがある事です。

野外フェスティバルなどの露店では、さすがに電気やシステムの都合上カード利用不可の店ばかりだったのですが、現金を持ち歩かない人が多い為かキャッシング専用の移動式ATMが来ていて、自由に現金の引き出しが可能でした。

パッと見は、車にキャッシングマシーンが乗っているだけに感じますが、両サイドに2台のATMが設置されています。
バックドアは、窓口風の造りになっておりサービスも充実していました。

この車は野外イベントがあるとよく目にします。もちろん、日本で発行したクレジットカードでキャッシングも可能でした。ただし、JCBは使えません。

2facewestcoastニュージーランドのクレジット事情20150219画像4

また、他にもキャッシングATMには面白いものがあり、街の中に先日ジュエリー店がオープンしたのですが、その横に兼ねてより埋め込み式のキャッシングATMがありました。何とそのATMがジュエリーでデコレーションされているのです。しかも、よく見ると近々ゲイパレードがあるためなのか「GAYTM(ゲイティーエム)」化しております。これには、笑ってしまいました。

2facewestcoastニュージーランドのクレジット事情20150219画像5

このように、ニュージーランドではカードが生活の一部になっており無くてはならない存在です。

「KIWI(キウィ)=ニュージーランド人」に「日本へはクレジットが使えない店が多いが、日本人は現金を持ち歩いて危なくないのか””実際いくら持ち歩けばいいのか、お金が足りなかったらどうするんだ」””と質問攻めにあうことがあります。

私もこのカード社会の便利さを知ってから、日本はなぜ先進国にも関わらずカード社会がこんなにも浸透していないのか疑問に思ってしまいます。日本でも、もっと便利に買い物出来る日が早く来てほしいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加