ハワイには、JCBカード+他のクレジットカードを持って行こう♪

2015年10月に、ハワイのオアフ島に行ってきました。

毎年ハワイに旅行をしているのですが、年々ワイキキを中心に高級リゾート地に進化していることを感じます。たとえばカラカウア通りは、数年前までは小さいディスカウントショップが並んでいて、3つで10ドルなどバラマキ土産にはちょうどいい物が売っているお店でいっぱいでしたが、現在は、ハイブランドショップやレストランが立ち並び夜遅くまで賑わっています。

1ドル123円(2015年10月)の円安が続いているので、ちょっとした買い物でも結構支払いにかかってしまいます。両替所もDFSを中心に何件かありますが、時間が遅いと閉店していますし、ホテルで両替すると手数料が高いものです。またいくら、治安がよいと言われるハワイでも、外務省の海外安全ホームページを見ると日本よりも犯罪が多いことがわかります。現金を沢山もつのはよくないでしょう。

外務省の海外安全ホームページ

ハワイでは9割以上の場所でクレジットカードが使えます

ハワイ滞在中、9割以上の店でクレジットカードが使えました。ワイキキ、アラモアナエリアでは100パーセント使えました。

クレジットカードは複数枚持って行くのがおすすめ

クレジットカード会社もハワイにはとても力を入れていますから、ぜひ複数のカードを持って行きましょう。

JCBカードは必ず持って行きたい

JCBカード(種類はなんでも大丈夫です)を持っていると、ワイキキトローリーのピンクラインに何度でも無料で乗ることが出来ますので、通常2ドルかかるワイキキエリアからアラモアナエリアへの移動が大変便利でお得です。

JCBはワイキキビジネスプラザにショップがあり、滞在中のWiFiの貸し出しやお店の紹介など様々なサポートをしてくれます。ちょっとした相談や荷物の預かりもしてくれますし、無料でお茶が飲め、マッサージチェアが利用できます。

ハワイでは、クレジットカードを持っていると割引が受けられることも多いです。
クレジット会社によってサービスが違います。また、お店によっては使えないカードもありますので、国際ブランドが違うカード、発行会社の違うカードを何枚か持っていくとよいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加