ビジネスクラスで成田~アモイのフライトはとても快適


Narita Airport, Terminal1 / Kentaro IEMOTO@Tokyo
photo by Kentaro IEMOTO

出国審査を終えて出発ゲートに向かいます。このエリアには航空会社ラウンジがあり、ビジネスクラスの航空券があれば入れるはずですが、ネットで検索すると無料アップグレードの人は入れないという記事があったのでチャレンジしませんでした。今思えば一応ラウンジまで行って交渉してみれば良かったと思います。意外と入れたのかもしれません。

航空会社ラウンジは、カード会社ラウンジと違い豪華で食事もついています。過去に一度羽田のJALのラウンジに入ったことがありますが、食事がおいしく、酒類も豊富で驚きました。出張で海外を飛び回って航空会社の上級会員になるのが夢でしたが未だ叶っていません。

出発ゲートは長蛇の列でしたが、ビジネスクラス用の列から並ばずに飛行機に乗ることができ、とても快適でした。

mk5vistaP2200021310150228

席は広く座り心地も良く、足元にもスペースがあり、席を立たなくても隣の人が通り抜けることができます。シートはボタン操作で倒せて、フルフラットにはなりませんでしたが、足を伸ばして横になることができます。

ビジネスクラスの席は30席ほどだったと記憶していますが、客室乗務員は4~5人います。呼ばなくても、回りを見渡すと声をかけてもらえます。一人ひとり名前を覚えてくれていて、○○様、と名前で呼ばれる度に偉くなったような気がして喜んでいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

離陸前におしぼりが配られ、離陸してすぐ飲み物とおかきが配られました。ドリンクメニューは豊富で、驚いたのはフランス産シャンパン(Champagne Nicolas Feuillatte Brut Reserve)が飲み放題であったことです。ワインも頼みたかったのでミニボトル1本しか飲みませんでしたが、豪華な感じがしてとても気分が良かったです。

雑誌や新聞を持ってきてくれるので、読みたい場合は1つもらって読むことができます。机も広く、読書灯があるので本も落ち着いて読めます。

食事は洋食と和食が選べ、洋食は魚、和食は鶏肉でした。最初は和食を選んだのですが、思ったより和食が出てしまったらしいので変更してもらえないかという打診を受けて洋食にしました。

金属のナイフとフォークが配られ、頼んだ白ワインとともに洋食が運ばれてきます。前菜、メイン、デザートと3つの入れ物に入っているのですが、機内食とは思えないほど美味しく感動しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いつもは機内食は食べず、現地についてから食事することにしているのですが、今回ばかりは機内食を食べて正解だったと思います。パンダの形のシュークリームも高級で、とても満足でした。行きは4時間のフライトでしたが、あっという間にアモイに到着しました。

ペンネーム:mk5

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加