荷物が多いならビジネスクラス!

香港ラウンジ

日系のマイレージプログラムは、マイルがたまりきらないうちに有効期限が来てしまいます。

そこで私は、世界最大の航空連合スターアライアンスに所属する、ユナイテッドエアー(UA)のマイレージプラスに入っています。このマイレージのメリットは、

  1. 有効期限がない(マイルの増減で期限が延長)
  2. マイルを購入できる、マイルを誰にでも移行できる
  3. 全日空(ANA)と提携、WEBで特典航空券が予約可能
  4. 燃油サーチャージがかからない

などです。

私はアフリカ在住です。主に海外から日本へ特典航空券を利用して移動します。

マイレージプラスだと、エコノミークラスで往復90,000マイル、ビジネスクラスで往復150,000マイルが必要です。

ビジネスクラスを選ぶ理由は運べる荷物の量

わたしは、できるだけビジネスクラスを利用します。

日本からアフリカに持ち帰ることができるのは、エコノミークラスでは23kgの荷物2個までです。ところがビジネスクラスですと、32kgの預け入れ荷物を2個、つまり64kgまで持ち帰ることができます。

さらに、エクセスバッケージを追加すれば32kg×3個、4個とたくさんの荷物を持ち帰ることができます。エコノミークラスですと、23kgまでですので、1個9kgの差はとても大きいです。

150,000マイルを貯めるには

特に裏技的なものはなく、搭乗によるマイル付与、クレジットカードのよるマイル付与、マイルの購入で貯めました。

ただ、それぞれ少し工夫をしています。

100%に近いマイルを得られる座席を購入

同じエコノミークラスでも座席のクラスによって、飛行マイルが100%~25%の付与率と幅があります。できるだけ100%に近いマイルを獲得できる座席を購入しています。

マイルアップメンバーズになる

クレジットカードのマイル付与は通常100円に1マイルですが、マイルアップメンバーズになって、100円で1.5マイルが付くようにしています。

足りないマイルは買う

マイレージプラスでは、マイルを購入できます。年数回50%UP、70%UPボーナスが付くキャンペーンをやっています。そのタイミングで購入することもあります。

ただ、ボーナスがあったとしても、多くのマイルを購入マイルで調達するのはお得ではありません。マイルが少し足りないときに買い足すのがよいでしょう。

荷物だけじゃない、ビジネスクラスの魅力

食事が美味しい

日本ー南アフリカ間をビジネスクラスで渡航したときは、日本ー香港間がANA(NH)で、香港ーヨハネスブルク間が南アフリカ航空(SA)でした。ANAで提供される和食は美味しく、うな丼、寿司、トンカツなどがありました。

フルフラットの座席

南アフリカ航空の座席はフルフラットになり、キャビンアテンダントが布団を敷いてくれます。ベッドで寝ているのと全く変わらないのが驚きでした。

ラウンジでシャワー

香港ラウンジではシャワーが利用できました。

ぜひ、ビジネスクラスをマイルを使って体験してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加