ANA特典航空券で中東旅行、カード払いでマイルを貯めて1年前から準備!

シギリヤ

2014年、中東方面を17日間バックパッカー周遊してきました。今回は、その旅の話だけではなく、準備段階も含めて書きましたので、参考になればと思います。

マイルで中東への旅 準備段階

準備は1年前から

特典航空券の席が少ないので、準備は1年前から始めます。路線によっては1日1便やそれ以下もあるので早めに開始です。スターアライアンスやANA(NH)サイトの時刻表などを駆使して時間はかかりましたが、希望のフライトを確保できました。
 

バンコク発を予約すれば、旅行の幅が広がる。

ここで一つ節約術です。予約はバンコク(BKK)発とします。マイルの節約のためと、途中降機(ストップオーバー)には回数制限があるためです。バンコクまでの数万円の手出しになりますが、旅行の幅が広がります。

今回のバンコク-ドバイ(DXB)-カイロ(CAI)-ラルナカ/ニコシア(LCA)-イスタンブール(IST)-コロンボ(CMB)-バンコク(BKK)で必要マイルは全てエコノミーで55,000マイル、バンコクまでの自腹支払い金額は57,730円です。何度かこういうことはしていますが、最後のクリックはいつもためらいます(笑)。

アゴダやHostel.comなどでホテルを探す

次に、ホテルの予約です。アゴダやHostel.comなどで、交通の便が良くて安くてWifi無料で評価の高いホテルを探します。予約実行するのは2~3ヶ月前で十分です。

マイルで中東への旅 いざ出発!

半年以上かけて準備をし出発です。当日は、気合を入れて空港へ向かいます。

バンコクとドバイでストップオーバーを楽しむ。

クアラルンプール経由でバンコク、バンコクでストップオーバー(以下、SO)1泊の後にドバイへ向かいます。

ドバイでは19時間の滞在、ここもSOです。時間を利用して世界一のブルジュ・ハリファに上ったり、ドバイクリークの渡し舟(約60円)等でドバイ満喫しました。

カイロ・キプロス・イスタンブール・スリランカ観光

次はカイロ。市内往復はバス(市内まで片道30円)、ピラミッドまでも地下鉄(1回15円)バスなどを利用し安く済ませました。あれこれ必死に節約した以上にぼったくられ、エジプト人に完敗です。

ラルナカ

キプロスでも全てバス移動。ここは数少ない気を緩めることができる国です。夜の街に繰り出して巨大ケバブやキプロスビールを味わいました。

北キプロスから、イスタンブールへ。ここではトルコ風呂(約1,500円、風俗ではないです)体験、ブルーモスクに行って、サバサンドを味わい大満足。さらに足を伸ばしてカッパドキアへ。1回4万円の気球に乗って冥土の土産を作ってきました。

スリランカもバス(片道2時間で100円程度)等を駆使して、シギリヤロックやキャンディの寺院などを巡ることができました。
 

帰路はクアラルンプールでトランジットを楽しむ

帰りはバンコクで乗り換えし、クアラルンプールで9時間のトランジット。もちろん観光しに街へ。市内巡りや中華街での食事(チャーハン約80円)とお土産を買物して、また満足です。市内移動は無料バスが便利でした。

旅のコツなど 飛行機の席は窓側がいいです。

飛行機の席はいつも窓側を選んでいます。トイレに行くのが大変ですが、壁にもたれて寝ることができますし、夜には眼下に雷雲が見えたり、普段観られない景色を観ることができます。

機内食は航空会社によって違うのが面白いです。アジア系ではコメが多いですし、ヨーロッパ中東系ではパスタやパンでしょうか。

空港の待ち時間はラウンジを利用

空港では大抵ラウンジを利用しています。食べ物が豊富で新聞があったり充電できたりWifiが無料だったり、長時間居ても大丈夫です。貧乏旅行なので助かります。

マイルの貯め方―クレジットカードで貯まります!

最後にマイルの貯め方です。乗って貯めるのが一番ですが、携帯や水道光熱、税金、食費など全て1枚のカードに集中すれば1年で数万マイルは貯まります。ANA一般カードの場合、10マイルコースを選べば100円で1マイル貯まります。

ツアー旅行も楽しいですが、自分なりの海外旅行って楽しいです。皆さんもマイルを貯めて自由な旅をしてみませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加