マイルをANA SKY コインに変えてカナダ旅行へ

フェリーから

2014年7月23日、転職後の夏休み1週間をカナダ・バンクーバーで過ごすことにした。しかし、6月末までいつ夏休みがとれるかわからず、航空券の手配をしたのは、夏休みまで1ヶ月を切った6月29日だった。

旅行1ヶ月前、特典航空券はキャンセル待ち

私は全日空(NH)のマイルを20万マイル貯めていた。本来であれば全日空の国際線特典航空券を利用するが、今回はこの特典航空券を使うにはいくつか問題があった。それは、

  1. 予約が遅すぎて、既に特典航空券はキャンセル待ちであった
  2. 国際線特典航空券と言えども燃油サーチャージや空港利用税などの税金類は別途払わねばならず、その額は当時で5万円を超えていた

特典航空券は諦め、マイルをANA SKY コインに交換して航空券を購入

そこで私が利用したのが「ANA SKY コイン」だ。ANAマイルはANA SKY コインに交換できる。ANA SKY コインはANAの航空券やツアー購入に1コインを1円として使うことができる。私はスーパーフライヤーズ会員(注1)なので、50,000マイル以上の交換レートが1.6倍になる。今回の航空券は税金等も含めて161,200円だったので、100,000マイルを160,000コインへ交換して使用し、残りの1,200円をクレジットカードで払った。

注1)ANA永久上級会員をスーパーフライヤーズ、永久上級会員が保有しているクレジットカードをスーパーフライヤーズカードと言う。

出発前に優先チェックインカウンターを利用、搭乗までANAラウンジで過ごす

羽田空港(HND)搭乗口

出発当日はフライト2時間前に羽田空港(HND)に到着。SFC会員特典である優先チェックインカウンターと優先保安検査場を利用し、ANAラウンジで搭乗までの1時間を過ごした。定刻の21時55分にNH116便はバンクーバー(YVR)に向け飛び立った。

バンクーバー周辺で、街歩きと食べ歩きを楽しむ

今回はバンクーバーとその近郊の都市も巡ることにした。

まず訪れたのはバンクーバーの東400㎞のところに位置するオカナガン。ここはワインの産地として世界的に有名な地だ。

オカナガンワイナリー

ワインを楽しむため今回はワイナリーツアーに申し込み、4時間で4か所のワイナリーを巡って、テイスティングを楽しんだ。一番印象に残っているのは、チョコレートの器に入れて飲んだカナダの名産であるアイスワイン(甘いデザートワイン)だ。すっきりとした甘さが忘れられない。

ビクトリアでの夕日

続いて訪れたのはバンクーバーの南100㎞のところに位置するビクトリア。ブリティッシュ・コロンビア州の州都で、政治の中心地。ここはバンクーバー島という島にあり、湾を望む景色が非常に美しい。ここに来たら是非行ってほしいのが「Spinnakers Brew Pub」。美しい湾の夕日を眺めながらの地ビールと海の幸の味は格別だ。

最後に訪れたのがバンクーバーだ。バンクーバーでも街歩きと食べ歩きを楽しんだ。

ジャパドッグ

このとき街歩きのお供にしていたのが、日本風のホットドッグ「JAPADOG」だ。照り焼きだったり、海苔がふりかかっていたり、見た目から楽しめるが、味もしっかりしている。日本人夫婦が始めたものらしい。行列ができるほど現地で愛されていた。都会の中にも湾や公園など自然が多いこの都市は、歩いていることに飽きない街だった。

1週間のバンクーバーと近郊の町巡りの旅はあっという間で名残惜しいものとなったが、また来ることを誓いつつ、メープルシロップを味わいながら、次回の旅行まで耐えることにした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加