ラオス人民民主共和国での通貨キープ(LAK)の調達方法は?

2-2 ラオス人民民主共和国(観光地)

大学の夏休みを利用して、ラオス人民民主共和国に14日間の研究旅行に出かけました。日本からの直行便が無かったので、タイを経由して入国しました。

ラオス人民民主共和国の通貨であるキープ(kip)は、日本国内の銀行での取り扱いがありません。旅行者は、隣国であるタイの銀行でキープ(kip)を取得する必要があります。

入国の際にタイを経由される方がほとんどなので、タイの銀行で取得することをおすすめします。ラオス人民民主共和国では、クレジットカードによる売買が発展しておらず、少額の現金による商品取引が一般的です。現地ではキープ(Kip)よりも米ドルに対する信頼の方が高く、外国人にはドルの使用が求められました。

アジアの中でも最貧国とされるラオス人民共和国では、商店にお釣り用の現金も殆どないため、タイで両替をされる際には、小額紙幣をたくさん用意することを、強くおすすめいたします(※小額紙幣の持ち合わせがない場合は、釣銭を寄付するつもりで買い物をすることになります)

  • 旅行時期:2012年9月
  • 旅行先 :ラオス人民民主共和国
  • クレジットカード:クレジットカードの使用不可
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加