モルディブ旅行、シンガポールまで特典航空券、その先は購入で。

モルディブ

2007年に行ったタヒチでスノーケリングの楽しさにハマり、その後4年でニューカレドニア、グアム、パラオ2回、またタヒチ、またパラオ・・・とビーチリゾートに通いすぎの私達夫婦ですが、このへんで、次のターゲットはモルディブあたり?

モルディブは、インド洋に点在する数百個もの環礁と、環礁の中の小島ひとつにホテルがひとつ建ち、島丸ごとをリゾートとして開発された”リゾート島”が集合するエリアで、滞在先の選択肢は100以上もあります。

“”誰にでも必ずピッタリのリゾートが見つかる”
と言われている反面、自分達にピッタリのその一つのリゾートを見つけ出すのが、ものっすごく大変な旅行先でもあります。

旅行代理店で相談すれば、お勧めを紹介してもらえるのでしょうけれど、私達は調べる過程も旅行の一部で大きな楽しみだと考えているので、自力で情報収集です。

実はこれまでも行き先候補には何度も上がってきていました。でも、いつも決められなくて結局見送り、別の国へということを繰り返していたのです。

それなのに、今回は違いました。私達にとっての”行くべき時期”が訪れたということなんでしょうか!

夫との希望が一致、モルディブ旅行の準備を始めました。

夫が海外のクチコミサイトで見つけて候補に挙げたリゾートと、私がガイドブックの情報から候補に挙げたリゾートが珍しく一致し、ビーチバンガローと水上バンガローをそれぞれ3泊ずつ、との希望どおりの部屋割りで、予算もなんとか範囲内、というところがあっさり見つかりました。

さらに、計画を立て始めた2011年12月頃は1ドル80円ぐらいの超円高です。この好条件が揃ったタイミング、行かない理由はありません!

日本からモルディブへは、確か直行便があったなぁ、と調べてみたら、残念!既になくなっていました。日本から最短時間のフライトでモルディブの首都マーレへ行けるはずだったスリランカ航空(UL)便は、スリランカのコロンボで乗継です。

他の選択肢は、JAL(JL)のクアラルンプール乗継、ANA(NH)かシンガポール航空(SQ)を利用してのシンガポール乗継でした。

そういえば以前、コンチネンタル航空(CO)がスカイチームを脱退、ユナイテッド航空(UA)と合併すると聞いて、”合併されて必要マイル数が上がってしまう前に、コンチネンタル航空のマイルでもう一度パラオに行きたい!”と、2010年3月に急遽夫婦で加入したクレジットカード”ワンパスJCBグアムカード”。

コンチネンタル航空のマイルとワンパスJCBグアムカードで貯めたマイルを合わせると10万マイル以上、2人分の往復特典航空券が取れる!

初年度年会費無料の1年のうちに、ボーナスマイルに加えてショッピングマイルを目一杯貯めさせていただき、両社の合併とともにマイル口座を統合して確認してみたら、10万マイル以上になっていました。

モルディブまでは、1人分4万5千マイルでエコノミークラスが取れるはずなので、
(※注2015年現在では、往復7万マイルに変更になっています。)
シンガポールで乗り継ぐ旅程で、2人分の特典予約を試してみることにしました。

ユナイテッド航空のホームページで、”東京(HND)⇔マーレ(MLE)”のルートで検索してみました。

が、思ったようなシンガポール乗継の結果が表示されません。中国のどこかに寄ってからシンガポールに向かうの?そういうのばかりです。

Maldives1

さて、特典航空券の予約の続きです。

シンガポールへの直行便が表示されない。これはまた予約センターに電話しなければならないパターンだな、と思いつつ、”東京⇔シンガポール”と、”シンガポール⇔マーレ”を分けて検索して、フライトスケジュールと空席状況を確認しました。

マーレ到着後、そのままリゾートまで移動したいことを考えると、成田(NRT)発よりも羽田発がよさそう。シンガポールには朝に着いて、マーレに昼に着く便に乗り継げます。羽田は深夜発なので、仕事が終わってから新幹線で移動すれば間に合いそう。

帰りは、リゾートから直帰(マーレ泊はなし)するには、成田着がよさそう。リゾートを朝食後に発てば、成田には朝着いて、仙台行きの飛行機にも乗り継げます。

と、ここで、特典航空券利用のメリットを再実感しました。羽田発成田着なんてルート、パッケージツアーではあり得ない!また、割引航空券だと追加料金がかかることも多いです。

さて、ルートと選ぶべき便はだいたい見えてきました。問題は、空席状況・・・。

別々に検索したら”東京⇔シンガポール”は直行便も出てきて、空席もあるのですが、”シンガポール⇔マーレ”は、往復とも満席。数日旅程をずらしてみても、ダメ。
予約センターなら取れるのかな?とユナイテッド航空に電話して聞いてみました。でもやっぱり取れない。特典の空席枠がない便なのかなー?

WEBでも予約センターでもマーレまでの席が取れず、シンガポールまで特典利用、その先は購入することにしました。

係の方からは、
「シンガポールまでだけ特典利用にして、その先は購入するという手もあります。シンガポール往復だけならマイルは1人3万マイルのみです。」
と代替案を教えていただきました。そういう手もあったかー!
(※注2014年2月1日予約分からは、往復4万5千マイルに変更になっています。)

シンガポール航空の予約サイトで「シンガポール⇔マーレ」を調べてみたら、燃油サーチャージ、税込1人あたり70,280円でした。うーん、取れないならしょうがないです。じゃあ、買うことにしようかな。

特典航空券は”羽田→シンガポール→成田→仙台”が取れ、予約名のスペルミスも予約センターに電話したらあっさり変更してくれました。

特典航空券は、”羽田→シンガポール→成田→仙台”で2名分取れました!

行きはシンガポール航空、帰りはANA利用にしてみました。税金と発券手数料は1人あたり5,300円でした。

シンガポール⇔マーレは、シンガポール航空のホームページで購入しましたが、今回は、こっちの手続きで大変な目に遭いました。ここホームページ、予約システムがダメダメなんです!予約手続きを完了できないこと数回、搭乗者情報を入力するのにも、ボタンをクリックしても無反応だったり、意味不明なエラーメッセージが出たり、入力したものが消えてしまったり、

翌日開いてみると、昨日正しく入力したはずの私の生年月日と性別が、夫の生年月日と性別の欄に入っているし!などなど。こんなシステムの不具合を放置しているのに、なぜエアラインランキングでは毎年トップ常連なのかしら?

そうこうしているうちに、夫の名前のスペルミス発見!たいていの割引航空券は搭乗者名の変更はできず、航空券を買い直しするしかなくなります。

こんな大事なところを間違うなんて、私!さーっと血の気が引きました。

恐る恐るシンガポール航空の予約センターに電話してみると・・・搭乗者名の変更、アッサリOK!私達が買った航空券は、変更可能な予約クラスだったようです。

だからお値段高めだったのね。。。電話したついでに、サイトの不具合のこととパスポート情報が正しく入力できないことを話したら、情報は電話で登録してもらえました。なんだ、最初からそうすればよかったです。

今回もいろいろありましたが、無事手配完了!

2012年7月のある日、スーツケースにスノーケリング・ギア一式を詰め込んで、私達は、念願のモルディブへと旅立ったのでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加