青森からバンコクへは大韓航空を利用、費用が抑えられ大韓航空のマイルも貯まる。


HL7719 / lkarasawa

photo by lkarasawa

私は地方に住んでいるので、海外旅行は国内移動についても考えなくてはなりません。地方出発の海外路線は国内の交通費を考えても成田空港発着の方が安くつくことが多く、結局成田空港(NRT)まで出て海外へ移動することが多かったのでした。

大韓航空利用なら、成田まで行かずに海外へ、国内移動費を節約

そんなとき友人にすすめられたのが大韓航空(KE)の乗継便です。私は青森県弘前市に住んでいるので。成田空港まで出るとなると新幹線や飛行機の往復費用は最低でも3万5千円かかります。深夜バスだと片道1万円位でしょうか。国内の移動だけでも結構かかります。

青森空港(AOJ)から週に3回ほど大韓航空が運航しており、インチョン空港(ICN)へ向かう便が出ています。大韓航空の公式サイトでも購入可能です。

私は東南アジアが好きで年に2回の長期休暇は東南アジアへの旅行がすることが多いです。友人がタイ首都バンコクに住んでいるので主にバンコクを基点に行動します。つまり青森からバンコクまでのルートを押さえることができればOKというわけです。

早速チケットを見てみると青森→インチョン空港乗り換え→バンコクの便がありました。繁忙期ではないので6万前後で購入できます。こんなに安いとは驚きでした。いつも成田発着で5万前後、さらに成田までの交通費も考えると8万前後はかかっていたのです。

青森空港からインチョン空港への便は週3回だが、日程を合わせることができれば超お得

ただしデメリットもあります。青森空港利用の場合週に3回しかバンコクへの運航がありません。そのため、この日に合わせた計画を立てなくてはなりません。

私はこうして年に2度の東南アジア旅行には大韓航空を利用するようになりました。その結果青森空港→インチョン空港894マイル、インチョン空港→バンコク2,286マイルで往復6,360マイルが加算され、8回利用した4年後は50,880マイルほど溜まりました。

9回目の旅行で5万マイルを利用し青森⇔バンコクのチケットを無料で手に入れることができました。4年間はけっこう長かったのですが、大韓航空はマイルの有効期限が10年間のため気長に利用させてもらいました。

青森県の人は、青森空港から大韓航空を利用しよう!

私のように地方から移動する人は、大韓航空を利用したほうが海外旅行でもメリットがあります。
青森から韓国往復でも4万近くかかることから、バンコクまで6万円前後で往復できるのはお得ですし、また大韓航空マイルの有効期限10年も大変魅力的です。

最近は韓国の空港をハブ空港代わりにする人も多いそうです。韓国系の航空会社利用もぜひ検討されてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加