ユナイテッドのマイルで憧れのシンガポール航空に乗る!インドネシアと香港の旅


Cozy Sunset / ^riza^

photo by Riza Nugraha

2012年5月にユナイテッド航空(UA)のマイルでインドネシアと香港を旅行しました。インドネシアと日本を単純に往復する予定だったのですが、調べてみると香港にも寄れることが分かったので「香港でおいしいものを食べて買い物をして帰国しよう!」と欲張りました。

私はユナイテッドのマイルをこうやって貯めた。

UCカードで貯める

ユナイテッド航空のマイルはをUCカードで貯めました。ネットショッピングをするときも、ユナイテッド航空のホームページから楽天市場などのショッピングサイトへ行き、少しずつですがマイルを地道に貯めました。

ANAに乗って貯める

飛行機に乗るときも頑張りました。ユナイテッド航空はスターアライアンスメンバーなので、同じくスターアライアンスメンバーである全日空(NH)を利用した時もユナイテッドのマイルを貯めていました。

アライアンス(航空連合)とは?マイル利用の幅が広がる!

それでも足りないマイルは買う

2012年当時、日本と南アジア圏内を特典マイルで旅するためのマイル数は30,000マイルでした。旅行の計画を立て始めたときの私の保有マイルは24,000マイルほどだったため、6,000マイルを購入することにしました。タイミング良く期間限定で通常のマイル購入料金から20パーセント割引キャンペーンをしていたので、6,000マイルを192ドルで購入できました。

航空会社のメールマガジンはたいてい読まないのですが、この時は旅行を計画中だったのでたまたま読んでいました。

予約はユナイテッド航空の特典旅行予約サイトで

予約はすべてユナイテッド航空の特典旅行予約サイトで行いました、利用可能な飛行機を選び、計画が立てられるので簡単でした。必要だったのは、30,000マイルのほかに各空港税など67.50アメリカドルでした。

スターアライアンスで憧れのシンガポール航空に乗る

ユナイテッドマイレージプラスではスターアライアンスメンバーの航空会社も利用できるので、一度乗ってみたかったシンガポール航空(SQ)に、まだ利用したことがない羽田空港(HND)の新国際線旅客ターミナルから乗りたい!と、ミーハー気分で往路を決めました。

スターアライアンス – 最も古く最も大きいアライアンス

この選択は正解でした、シンガポールでインドネシアのデンパサール(バリ島)への乗り継ぎが良かったです。羽田空港を午前12:30発→シンガポール6:20着、トランジットでデンパサール行きが9:35発だったからです。

もしもユナイテッド航空を利用していたら、成田発でシンガポール着が午前12時頃なのでシンガポール航空のデンパサール(DPS)行きまで9時間以上トランジット時間があいてしまっていました。

復路はデンパサールからシンガポール航空でシンガポールへ行き、ユナイテッド航空に乗り継いで香港(HKG)へ。ストップオーバー(途中降機)で香港とマカオに4泊して、アシアナ航空(OZ)で香港から韓国ソウル、乗り継いで成田(NRT)へ帰国しました。

格安で自由な旅行ができ大満足♪

格安でインドネシアと香港をめぐる旅行ができ、好きな航空会社とスケジュールが自由に選べるマイルでの旅行は素敵すぎる!と実感できた旅行でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加