楽天デビットカード(VISA)を持って南アフリカへ、現金よりも安心快適!

南アフリカ

旅行中の空港での両替は為替レートがよくない事が多いので避けたいのですが、手持ちの現金がないのも困ります。空港から電車やタクシーに乗る時現金しかつかえない事もありますし、ファーマーズマーケットなどの市場では現金しか使えないからです。

喜望峰 南アフリカ共和国西ケープ州ケープタウンの岬

楽天デビットカードを発行してみた!

何か良い方法はないかしらと思っていたところ知人にアドバイスを受け、年会費1,029円(税込)の、VISAブランド楽天デビットカードを作りました。VISAブランドの楽天デビットカードは、VISAプラスとして、現地ATMから現地通貨を引き落とすことができます。日本では楽天銀行キャッシュカードとしても使えます。

南アフリカにデビットカードを持って行くメリット

  1. 両替所よりもATM引き落としのほうがレートが良い。
  2. 両替所よりもATMが多い。すぐに見つかる。
  3. 犯罪対策になる。

デビットカードを持って行くメリット1 両替所よりもATM引き落としがレートが良い。

2015年3月、南アフリカ現地で、現金をATMで引きおとしました。ATMで預金を現地通貨で引き出すメリットの一つは、両替所よりもレートが良いことです。

具体的に言うと

  • 日本で南アフリカランドへ日本円を換金 1南アフリカランド=13円程度
  • 現地空港での両替 1南アフリカランド=11円程度
  • ATMからの引き落とし 1南アフリカランド=9円後半から10円前半

です。かなり違います。

また、為替の変動に応じて一旦行った取引について、後で調整が入ります。返金のケースと徴収のケース2種類あり、私は返金2回、徴収1回経験しました。

デビットカードを持って行くメリット2 両替所よりもATMが多い。すぐに見つかる。

現金が欲しいときに欲しい場所に両替所があるとはかぎりません。ATMならいたるところにあるので探し回る必要がありません。アフリカのメガバンクのATMは、ほとんどVISAマーク、またはVISA PLUSと表示があり、VISAデビットカードでお金を下ろすことができます。

デビットカードを持って行くメリット3 犯罪対策になる。

南アフリカは犯罪の多い地域、現金を多く持ち歩くのは危険です。デビットカードを持っていれば、持ち歩く現金が少なくて済みます。

また、楽天銀行の口座残高を必要最低限にしておけば、万が一スキミングされた時も被害を最小限にできます。

南アフリカでは、現金よりもVISAデビットカード!

旅行中は気持ちが大きくなりお財布のひもがゆるくなりがちですが、デビットカードなら使いすぎも防げます。デビットカードとても便利です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加