計画していた沖縄旅行をタイ旅行に変更した話

タイ旅行

2014年夏、海外旅行ばかりで国内旅行をほとんどしていないことに気が付き、国内にも目を向けることにしました。

国内旅行のメリットは、移動時間が短いというところ。数時間で目的地に着くことができ、入国審査も必要ありません。

デメリットは、アジアより物価が高いところです。ホテルのグレードは下げることになりますし、現地でのアクティビティも食費も飲み代も高くなってしまいます。移動費も2-3万円は平気でかかってしまいます。アジアに行く移動費は4~6万円なので、長期で行くのならアジアの方がお得になってしまいます。

しかしながら、ベストシーズンの国内の観光地には魅力があります。春と秋の京都、夏の沖縄、冬の北海道や草津等です。

南国好きなので沖縄旅行を計画、キャンセルできるスカイマークを予約しつつ、ジェットスターの便を探しました。

わたしは南国が大好きなので行くなら沖縄に決めていました。沖縄の暖かいシーズンであれば南国に行くのと大差ないのではないかと思い、沖縄旅行を計画しました。

沖縄は春には海に入れる暖かさのようですが、本格的に泳ぐとなると梅雨明け以降だろうと考えました。なので7月以降で安くいける手段を探しました。ジェットスター(JQ)等のLCCがまず候補になります。

ちょうどジェットスターがセールをやっていたので、往復1.7万円程度で7月に行けそうなことが分かりました。チケットのキャンセルができないので、日程を調整するまで予約できないのが難点です。

LCCだと、スカイマーク(BC)はチケットがキャンセルできるプランで往復3万円程度で予約できます。とりあえずスカイマークで予約しておいて、日程を確定させた上でジェットスターにしようということに決めました。

ジェットスターの安い便は売り切れ、安い便は見つかりません。

日程調整には1週間程度しかかけていませんが、次にジェットスターを見たときにはもうセールのチケットは売切れてしまっていました。スカイマークをキープしつつ、定期的にもっと安い便を探しましたが、どうも見つかりそうにありません。

エアアジアでタイ行きの便がセールだったのでタイ行きへ計画変更、エクスペディア経由で予約しました。

そんなときに、エアアジア(AK)がタイ行きの便をセールしているという情報を聞きつけました。サーチャージ込みで片道1万円という破格です。エアアジアのサイトその場で同行者に連絡してタイに変更して良いか確認し、チケットをすぐに予約しました。セールのページからだと1人しか予約できなかったので、エクスペディア経由での予約です。

見つけてから予約までは最速で行い、無事2泊3日バンコクのチケットを手に入れました。飛行機代が往復2万円なので、トータルの旅行費用がかなり削減できます。時間とお金を準備しておいて、セールを待って予約するのも賢い方法かもしれないと思いました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加