海外でよくある通信エラーに備えて、現金は多めに持ち歩こう!

About Stuff
About Stuff / Keoni Cabral

photo by Adrian Paleacu

私は昔から海外旅行が大好きで、よく友人と世界中で貧乏旅行に出かけていました。大学を卒業してからは友人たちと予定を合わせにくくなり、一人旅を楽しむ頻度が増えました。

私の場合、渡航先やその国での行き先は特に決めずに旅を楽しむことがほとんどです。海外旅行へ出掛けるときは最低限の荷物と現金、クレジットカードを持参するだけです。

使っているクレジットカードはJCBゴールドカードです。初年度の年会費が無料で、2年目以降は毎年1万円(税別)の年会費が掛かります。ディズニーキャラクターが好きなので、カードのデザインはディズニーを選んでいます。

旅行傷害保険の限度額に注意

JCBゴールドカードは、海外旅行の代金や航空券の代金をカード決済すると、自動的に海外旅行傷害保険へ加入になります。補償限度額は1億円で、海外でのもしもの時に心強い味方となってくれます。

ただし、ツアーの場合はツアー旅行の代金、もしくは飛行機の搭乗券など交通機関の代金をJCBゴールドカードで支払っていない場合の補償額は5千万円が限度額です。

予期せぬ通信エラーに注意

2011年9月頃、トルコのカッパドキアを一人で訪れた時のことです。その頃の私は現金は最低限しか持ち歩かず、ほとんどの買い物をクレジットカードで済ませていました。

トルコのとある店でクレジットカードで決済しようとしたのですが、現地のクレジットカード用回線の通信事情によって通信エラーとなってしまったのです。それは一時的なものでしたが、既に現金を使い果たしていた私はパニックに陥ってしまいました。

その日は食事も出来ず、宿泊先のホテルで水だけを飲んで過ごしましたが、翌日には別のショップで問題なくクレジットカードが使えました。

イザというときのために現金を

このように海外ではクレジットカードの通信エラーでカードが使えなくなるような事態がたびたび発生します。クレジットカードに頼りきるのではなく、現金を少し多めに持ち歩く事が大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加