アイスランド旅行では国を出る前に通貨クローナを使い切る。


Aurora February 18th – 19th 508 / Rocky Raybell

photo by Rocky Raybell

オーロラは「死ぬまでに一度は観てみたい」と言われる絶景のひとつ。しかし、マイナス何十度の場所で防寒着をまといオーロラの出現を待つのは体力的にもきついです。

北欧の国アイスランドは、オーロラが見える国の中で最も暖かい国です。冷え込んでもマイナス10度程度ですから日本人の私たちにも何とか耐えれそうです。

日本ではまだ馴染みの薄いアイスランドですが、ヨーロッパでは人気の観光地の1つです。首都のレイキャビークのレストランやバーは、多くの観光客でにぎわっています。

さて、アイスランドへ行こうと考えている方へ提案です。アイスランドではクレジットカードを使い、両替やキャッシングは最小限にしましょう。持っている現金はアイルランド国内で使い切りましょう。

アイスランドでは支払いはクレジットカードがほとんど

アイスランドの通貨クローナをご存じの方は少ないでしょう。それを覚える必要がないくらい現地ではクレジットカードでの支払いが普及しており、現金を見かける機会はほとんどありません。

三ツ星レストランから屋台まで、首都の繁華街から田舎の漁村までクレジットカード払いが定着していて、VISA、MASTERであればどこでも使用できます。アイスランド人もほとんど現金を持ち歩かずにカードで支払います。

また、アイスランドと他国とで決定的に違うのが両替所の少なさでしょう。有名な観光地なら為替レートを示した掲示板が設置された両替所をいたるところで見かけますが、アイスランドではそれほどありません。旅行中にどうしても現金が必要になったときに両替所を探すのも一苦労です。そこでATMに行き、クレジットカードを使いキャシングするわけですが、キャッシングしすぎないように気を付けてください。

旅行中いくら使うのか正確に見通しを立てることができず、両替やキャッシングをし過ぎたり使い切れずに余計なものを買ってしまったり経験をみなさんお持ちではないでしょうか。アイスランドでは、極力キャッシングは避けクレジットカード払いをすれば、現金が余ってしまうことも避けられるでしょう。

アイスランドクローナは海外では両替できない

日本を出るときにアイスランドクローナを準備することはできません。アイスランド出てからも他国ではアイスランドクローナを両替できません。

私がアイスランドでの滞在を終えて経由地のデンマークに降り立った時のことです。手元に余った1,000円ほどのアイスランドクローナを両替して、コペンハーゲンで昼食をとろうかと両替所に向かいました。するとアイスランドのお金は受け付けないと言うのです。2008年にアイスランドは経済危機が発生し、国家破綻寸前まで追い詰められたため、アイスランド通貨に対する信用が低いからです。

アイスランドは治安もよくクレジットカード絡みの犯罪に遭う可能性も低いので、滞在中はできるだけ両替やキャシングをせずクレジットカードを利用しましょう。アイスランドクローナはアイルランドを出る前に使い切りましょう。
 

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加