アライアンス(航空連合)とは?マイル利用の幅が広がる!

航空会社の多くは、アライアンス(航空連合)に加盟し、航空連合内で

  • 空港のチェックインカウンターやラウンジを共有
  • 飛行機の共同運航(コードシェア便)
  • マイレージプログラムの提携

などを行っています。これによってひとつの航空会社だけでは難しい広い範囲での移動をカバーしています。

(※航空連合に加盟していない航空会社もあります。未加盟の航空会社で独自に個々の航空会社と提携をしている航空会社もあります。)

世界3大航空連合はスターアライアンス・スカイチーム・ワンワールド

世界には大きな航空連合が3つあります。スターアライアンス・スカイチーム・ワンワールドです。

スターアライアンスには28社、スカイチームには20社、ワンワールドには15社が加盟しています。日系航空会社は、全日空(NH)がスターアライアンス、日本航空(JL)はワンワールドに加盟しています。

スターアライアンス – 最も古く最も大きいアライアンス

スカイチーム – 20社の加盟航空会社が世界1,062都市へのアクセスを提供

ワンワールド – 世界の代表的な15の航空会社が加盟

同じ航空連合内でマイレージ相互利用ができる

マイレージプログラムの提携により、同じ航空連合内での利用であれば他の会社のマイルが使え、同じマイルを貯めることができます。

ただし、同じアライアンス加盟会社の航空券でも、

  1. 搭乗した機材がコードシェアをしている別会社の機材で、
  2. この別会社が同じ航空連合に加盟していない場合

上記の場合には、マイル加算にならないことがあります。

同じ航空連合でなくても個別に業務提携をしていればマイルの相互利用ができる

例えば、日本航空はワンワールドに加盟していますが、スカイチームに所属しているエールフランス(AF)と業務提携をしていますので、エールフランスの飛行機に乗って、日本航空のマイルを貯めることも、日本航空のマイルをエールフランスの特典航空券に交換することもできます。

同じ航空連合内でもマイル移行はできない

ただし、同じ航空連合内でもマイル移行はできません。

たとえば日本航空と同じワンワールドのブリティッシュ・エアウェイズ(BA)に搭乗し日本航空のマイルを貯めたい場合、搭乗券を買うときに日本航空のマイルを貯めてください。

一度、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルとして貯めると日本航空のマイルへの移行はできません。これはワンワールドに限らず、どの航空連合、どの航空会社であっても同じです。

航空連合に未加盟の航空会社でも個別に業務提携をしていればマイルの相互利用可能

航空連合はあくまでも大きな枠組みです。航空連合に未加盟の航空会社であっても個々に業務提携をしている場合もありますし、同じ航空連合に加盟していても、別の航空連合加盟会社と提携している場合もあります。

マイルを効率よく貯める飛行機の乗り方

日系の航空会社のマイレージで別の航空会社の飛行機に搭乗したい場合、日系の航空会社が飛んでいない地域に行く場合には、日本航空であればワンワールド、全日空であればスターアライアンスの航空会社を探しましょう。

いつも出かける地域が決まっているなら、よりお得にマイルを貯められる、特典航空券に交換するマイル数が少ない、燃油サーチャージが少ない、もしくはかからない方を選びましょう。

日系の航空会社が所属しているワンワールドかスターアライアンス所属の航空会社がおすすめですが、日本航空と業務提携しているエールフランスや、アメリカ方面で利用しやすいデルタ航空(DL)など、スカイチームに加盟している航空会社も候補に入れてプランを立てましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加