ANAマイルでなぜ厦門(アモイ)へ行くのか


Colourful shutters on Amoy Street in Singapore / Winniepix

photo by Winniepix

2015/2/20(金)~2/22(日)まで、二泊三日でANAマイルでアモイに旅行をしてきました。

今回初めてマイルで海外旅行に行きました。ANAの海外特典航空券を使うと、ローシーズンの場合でアモイまで17,000マイルで行けます。中国の旧正月の期間なので座席は非常に混んでいたようですが、今回は半年前から予約していたので席を確保することができました。

同じマイル区間だと、東京発着の場合で大連、上海、台北、マニラ等が対象路線になります。二泊三日なので近場で、物価安め、寒いので温度高めの観光地を探してアモイに決めました。尚、マイルで取れるのはチケットのみなので、燃油サーチャージや空港使用税が2万円弱かかっています。

少し悩んだのが、もう少しマイルを使って、30,000マイル使えばホーチミン、シンガポール、バンコクが対象になるということです。非常に魅力的でしたが、全て行ったことのある場所であるということと、飛行時間が長く6時間以上飛行機の中で過ごさないと行けないのでやめました。

年度末が近い繁忙期で、2日以上続けて年休を取ることはできなかったので、なるべく近場を、と考えた結果です。今思えば温度の近い沖縄にしておけば、飛行機の時間も短く、国内線なので空港で過ごす時間も短く済み、ホテルも安かったかもしれないと感じています。次は沖縄ですね。

航空券を予約したら、ホテルをエクスペディアで予約しました。Pan Pacific Xiamenを2部屋で二泊で合計5万円でした。年末に手配しましたが、直前で何かあって行けないと困るので、3日前までキャンセルできるプランにしました。アメックスのカードを持っていると、エクスペディアで予約するホテルが8%オフになるので持っているとお得です。

ホテルを選んだ条件は、市内の五つ星ホテルの中で、設備と価格が魅力的だったからです。物価の安い地域に行く最大のメリットは、ホテルが安いということです。残

念ながらPan Pacific Xiamenはルームサービスやホテル内のレストランは良いお値段でしたが、途上国の中には同じクラスのホテルで、かつ各種サービスがお手軽価格なところもあるので、その場合にはホテルのサービスを存分に堪能することができます。

言葉が通じない可能性があったので、ホテルまでの地図と住所を中国語で印刷して持っておきました。前日に着替えをリュックに入れ、パスポートを忘れないようにして、成田空王までのバスを予約し、準備完了です。今回は預け入れ荷物は持たずに手荷物(リュック)だけで旅行することにしました。

ペンネーム:mk5

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加