ANAマイルを使って、かつて住んでいた上海へ!

上海旅行で訪れたジャッキー・チェン映画芸術館

2015年4月、ANAマイレージクラブで長年貯めていたマイルを使って、夫婦で上海旅行に行って来ました。

実は、私たち家族は数年前まで上海に住んでいました。私が丸10年中国で仕事をしていた関係で、駐在員として上海に家族帯同で駐在していたからなんです。

上海駐在以前から、毎月海外出張に行って仕事をしていた関係で、搭乗するエアラインのマイレージが貯まりました。ある時期から中国専任になって毎月中国に出張する様になりました。

日本航空と全日空を乗り分けていましたが、ある時から全日空のみになりました。

最初は日本航空(JL)と全日空(NH)を乗り分けていたのですが、全日空のサービスや会社の姿勢の方が好きでしたので、ある時から全日空しか搭乗しないようになりました。

それ以降、全日空のマイルが貯まる様になり、一定マイルが貯まると国際線特典航空券に替えて家族旅行に使う様になりました。仕事上での役得でもありますが、海外出張の仕事以外にもマイルは貯める事ができました。

ANAマイレージは37航空会社の利用で貯めることができます。

全日空はスターアライアンスのメンバーなので、全日空の便だけでなく、スターアライアンスのメンバーキャリアの搭乗でもマイルが積算できます。数年前に夫婦でイタリア旅行に行ったのですが、その際に搭乗したのはスターアライアンスのターキッシュエアラインズ(TK)(トルコ航空)でしたのでこれも積算しました。

スターアライアンス加盟の提携航空会社数は合計27社。スターアライアンス以外の提携航空会社数は合計10社。ですから、全日空以外でも合計37社の航空会社の搭乗でマイルを貯める事ができます。

飛行機に乗らなくてもマイルを貯められます。

更に、航空会社以外でもマイルの積算が可能なんです。先ずはカードそのものも機能としての積算についてです。私の場合、edy機能付ANAマスターカードでANAマイレージクラブに加入しています。edyを日々活用してますが、edyでの支払いもマイレージクラブのマイルに積算しています。又、マスターカードでの支払いも全てマイルに積算しています。

次に、提携会社のサービスです。余りにも多いのでここで全てをご紹介することができませんが、空港の駐車場、お土産店・免税店、宅配サービス、提携ホテルなどの航空会社に関連のあるサービスは当然として、レストラン、ショッピング、GSや、何と銀行口座の開設や定期預金でもマイルが貯められるんです。

この様に、マイレージクラブカードがあるだけで、日常生活のあらゆるシーンで全日空のマイルを貯める事ができるんです。

4月の上海旅行は、夫婦水入らずで楽しめました。

4月に夫婦で行った上海旅行は、数年振りに里帰りした様な気分で、旧知の友人達との再会や、我々家族が帰国後にできた新たなスポット訪問、昔から馴染みのレストランでの食事と、夫婦水入らずの旅を楽しみました。

パック旅行ではなく、特典航空券での個人旅行ですから、ホテルも自分で予約しますが、ここ数年はホテルではなく、上海瑞峰公寓酒店というコンドミニアムに宿泊しています。広くて安くてこちらもお勧めです。

これからも全日空のマイルを貯めて、又夫婦で海外旅行に行きたいと思っております。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加