シンガポール航空のマイルで、お得で快適なバリ旅行!

シンガポール航空のマイルで快適バリ旅行。

2014年の9月に、家族4人同じ時期に休みが取れたので、4泊5日でバリへ行ってきました。家族4人でシンガポールから2時間40分の旅。シンガポール航空(SQ)のマイル”クリスフライヤー”のおかげで、お得で快適な時間を過ごせました。

シンガポール航空のマイルで4泊5日の家族旅行

家族全員の休みが揃うなんて、めったにありません。これは憧れのバリ旅行のチャンス!シンガポールからバリへの航空券の料金を調べていると、やはり家族4人分は安くない。ダメ元でたまっているシンガポール航空のマイルを確認すると、なんと十分にたまっているではないですか。

今回はシンガポール・チャンギ国際空港(SIN)からデンパサールのングラ・ライ国際空港(DPS)でしたので、一人当たり往復15,000マイルで渡航が可能。これに税金やサーチャージなどの手数料がかかります。家族4人で60,000マイル。シンガポールー日本間が往復50,000マイルですからそれを考えるとなんだかお得な気がします。さっそくWebで申し込みました。

到着後も「入国エスコートサービス」で快適

シンガポール航空の飛行機の中はさまざまな国や人種であふれていました。他の東南アジアの地域に行く飛行機はもっと東南アジア人の比率が多く感じられますが、こちらは西洋人も多く、また日本から乗り継ぐ方も多かったです。

夕方発の飛行機だったので到着は夜。疲れて子供たちの機嫌が悪くなってしまうとせっかくの旅行が台無しです。そこで事前に入管などスムーズに通れる手続き「入国エスコートサービス」を代理店を通じて申し込みました。

到着口に待機していた係りの人の後をついていくと長蛇の列をよそにあれよあれよと入国審査完了。タクシーも予約していましたので、デンパサールの空港からホテルまではストレスなく移動できました。

ホテルもたまったホテルのポイントで宿泊

ホテルに着くと、真っ暗な夜空に広がる無数の星、すぐそばから波の音が聞こえてきます。何にもないぜいたくってこういうことでしょうか。普段は雑踏に囲まれ気づくことのできない自然の音と空気。それを間近に感じることができました。

滞在中はほとんどホテルで過ごしましたが、本場のケチャックダンスを観たり、モンキーフォレストに行ったりと観光も楽しみました。
子供たちはオーシャンアクティビティを楽しみ、大人はスパへ。

私たちがスパに行っている間は、提携しているビーチでインストラクターが子供たちの相手をしてくれました。別料金ですが食事の用意までしてくださって、忙しさから解放されリラックスできました。

タクシーの運転手さんによると、バリの経済はほとんど観光に頼っているそうです。観光について学ぶ大学もあるのだとか。私たちを楽しませ、癒やしてくれるバリを違った角度からみた気がしました。

ホテルでは長い滞在でも退屈しないほど施設が充実していました。数カ所のレストラン、いたるところにあるプール、ざまざまなプログラムがそろったアクティビティ、キッズクラブ。本当に申し分ない充実ぶりです。のんびりプールサイドで過ごしたり、子供たちと一緒に思いっきりプールで遊んだり、ホテル周辺をお散歩したりとゆっくり時間がすぎるのを味わいました。

食事もおいしく、毎朝の朝食は沢山の種類の食べ物が用意されていて飽きることありませんでした。ホテルのスタッフはとてもキビキビと動いていて気持ちよく過ごせました。

実はこのホテルもたまったホテルのポイントで滞在しました。心も体も満たされた、お得で快適な旅行でした。また貯まったマイルとポイントで旅行するのが楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加