軽い食事ができる、北京首都国際空港「エアチャイナ ビジネスクラスラウンジ」

2017年6月に東南アジア方面へ旅行した際に、経由地の北京首都国際空港(PEK)にある中国国際航空(CA)の「エアチャイナビジネスラウンジ」を利用しました。

エアチャイナ ビジネスクラスラウンジの場所

このラウンジはYの字型の主にエアチャイナが利用する国際線ターミナル3の出国審査を抜けて右の方すぐの辺り、

ピザハット、ケンタッキーの上にあります。

案内板には多くの会社名

中国語で「国航公务舱休息室」と書かれた入り口付近の案内板には、スターアライアンス系航空各社の名前だけではなく多くの会社名が並んでいます。

プライオリティーパスも利用可

下の方にはプライオリティーパスの名前も見えますので、利用可能なのでしょう。

エアチャイナ ビジネスクラスラウンジへ

エスカレーターを上がると受付、航空券にNH*G(ANAスターアライアンスゴールドメンバーの略)とあるのでカードは見せなくてもラウンジには入れました。

席数は200以上はあるでしょうか、かなり広いです。壁や天井等仕切りがないのでコルカタであったような開放感のあるラウンジです。その分空調が弱冷房ぐらいな感じです。

かなり広いラウンジですが、ちょうど昼時で、混雑していて席を探すのに苦労しました。

客層は平日だからビジネスマンが多いという感じではなく旅行者、家族連れと変化に富んだ感じです。地元の中国人は6~7割ぐらいのように思えました。

ドリンク類のコーナーを見てみますとソフトドリンク類の提供場所は2箇所ありまして

コーヒー、ミルクティー、

ジュース(リンゴ、オレンジ)、

ミネラルウォーター、コーラ、スプライト等です。あまり冷えてないのがとても残念です。

後は中国らしくお茶が鉄観音、龍井、ジャスミン、(中国の)紅茶、緑茶と揃っていました。

アルコール類は1箇所でバーカウンター形式の場所にありました。

昼間だからなのかバーテンはおらず客はセルフでチョイスして飲んでいました。

ビール(燕京と青島)、ワイン、ウォッカ、スコッチ、ジン、ラム、スピリッツと日本とはバリエーションが違っていて面白いです。老酒とか紹興酒なんかもあっても良いのとは思うのですが見あたりませんでした。

食事類はシュウマイやパオ(肉まん)、

麺類(温い麺と冷麺のような?もの)、おかゆ、肉料理(青椒肉絲の鶏肉ver.)、炒飯と中国らしいものが多かったです。他に中国の即席カップ麺も4種類ありました。

もちろん、パスタやパン類、

フルーツやケーキ類もありましたし、

その他の肉類ではビーフストロガノフ等もありました。

食事をするエリアは決められていて、その数も40席ほどと少なく、空き席を探している人も見受けられました。

ラウンジ内でのネットの環境は余り良いと言えるものではなく、専用回線もないような感じでした。国そのものがグーグルを遮断している(何度かやり直ししていると繋がることもありましたが)のでクロームを普段から利用している自分には不便極まりなく感じました。

コンセントも半分ぐらいのテーブルにあるのですが、ほとんどがFBタイプのみ利用可能なものでAやB、Cタイプも使える場所を探すのは苦労します。

新聞や雑誌類は多めにありました。ほとんどが中国系ですがハングルのものもありましたし、日本経済新聞もありました。

帰国時にもこのビジネスクラスラウンジには寄ったのですが、飛行機が大幅に遅延し出発時刻も迫っていたため断られてしまいました。ペットボトルの水だけはなんとか貰えました。

インターネットや電源、食べ物、飲み物などあるだけマシというと言い過ぎかもしれませんが冷たいものはきっちり冷やして欲しいですし、ネット環境も改善して欲しいところ。そういう点では他の空港のラウンジに劣りするのは間違いないレベルなのが残念でした。

T3には「头等舱休息室」というファーストクラスラウンジもあり(Yの字の左側の方)、後日調べてみると自分も利用可能だったことがわかりました。提供されているものは雰囲気などは同じという情報もあって、差は客の多さだけのようです。

☆☆2

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加