バンコク・スワンナプーム国際空港”ルイスターバンCIPラウンジ Concourse G”は行かなきゃ大損!!

バーカウンター バンコク・スワンナプーム国際空港

バンコク・スワンナプーム国際空港(BKK)には、プライオリティパスで利用できるラウンジが国際線ターミナルに6か所あります。その内の5か所は「Louis’ Tavern CIP First Lounge(ルイスターバンCIPラウンジ)」が運営しています。

残りの1か所は、私はまだ利用したことがない「Oman Air First & Business Class Lounge」というラウンジです。

CIPファーストラウンジは、コンコースA、C、F、Gにあるので、搭乗口に近いラウンジを選ぶと良いのですが、1か所だけ他と群を抜いて素晴らしいラウンジがコンコースGのG2ゲート付近にあります。

一番おすすめのラウンジはコンコースGのG2ゲート付近”Louis’ Tavern CIP First Lounge(ルイスターバンCIPラウンジ)Concourse G”です。

バンコクの空港で過ごすには、このラウンジにだけ立ち寄ればラウンジのはしごをする必要もないといっても過言ではありません。

私は、バンコクでは3か所のCIPラウンジに行ったことがあります。他の国と比べるとバンコクのCIPラウンジは全体的にレベルが高いのですが、食事はどこも似たようなものです。しかしこのラウンジは他とは規模と設備が違います。

プライオリティパス提示でビジネスクラスラウンジとファーストクラスラウンジを自由に行き来できます。

“Louis’ Tavern CIP Lounge Concourse G Level3 and Level4″は、3階と4階をラウンジ内にあるエスカレーターで行き来することができます。

3階はビジネスクラス、4階はファーストクラスラウンジとはなっているものの、プライオリティパスを提示すれば、自由に利用することができます。エントランスも3階と4階に1か所ずつあり、私はどちらの階からも受付をしたことがあります。24時間営業となっています。

食事も仕事も、シャワーも快適です。

パソコンコーナーと飲食スペース

3階には、ダイニングスペース、ソファー席、ビュッフェ・ドリンクコーナー、パソコンエリアなどがあります。3階にはシャワー室も2室あり、掃除が行き届いている清潔なシャワーなので、是非利用されることをおすすめします。

シャワー室

シャワーヘッドは取り外し式です。シャンプー・リンス、ボディーソープは壁に備え付けられています。バスタオルと歯ブラシ、シャワーキャップも用意されています。ドライヤーもあるので、全身すっきりして帰国の途につくことができますね。

4階はファーストクラスラウンジとなっていますが、3階とそこまで変わりはないように感じました。シャワー室も1室あり、女性専用となっているので、女性にとっては気兼ねなく使えますね。

ビュッフェの品ぞろえはとびぬけてNo.1です。

このラウンジで驚くのが食事とドリンクの豊富さです。ビュッフェはかなり豊富な品揃えで、このラウンジで簡単に一食分済ませることができます。

食事

ビュッフェコーナーには、タイグリーンカレー、ミートソースパスタ、サンドイッチ、フライ、スープ、チーズ、フルーツ、ナッツ類、ケーキ、パイがありました。アイスクリームも食べることができます。

ドリンクバーのコーナーには、洋酒20種くらいが並べられており、自由にカクテルを作ることもできます。缶ビールも冷蔵庫から自由に取り出すことができ、SINGHA、CHANG、LEOの3種が飲み比べできます。ワインももちろんあります。

ソフトドリンクの種類も豊富で、コーヒー、紅茶もあります。4階にはバーカウンターがあり、飛行機を眺めながらお酒を楽しめます。

搭乗口がコンコースGに近ければ、迷わず”Louis’ Tavern CIP Lounge Concourse G Level3 and Level4″へ

このラウンジには2回ほど行ったことがありますが、本当に広々としていて全く混雑していない穴場のラウンジです。一度入ると出たくないくらい充実したラウンジなので長い乗継にも便利です。

バンコク・スワンナプーム空港はとても広い空港で、端から端まで行くとかなり歩かなければいけない距離です。搭乗口の近くのラウンジで過ごすとあわてなくて済みます。搭乗口がコンコースGに近ければ迷わずこのラウンジへ行ってみてください。自信を持ってオススメします!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加