スーツケースを壊したが保険申請をあきらめる。

オーストラリア・ブリスベン

2014年、ワーキングホリデーでオーストラリア・ブリスベンに来ています。先日スーツケースを破損し保険が適用されるかどうかの問い合わせました。結果、保険申請をあきらめたのですが、その時の経緯をご紹介できればと思います。

ワーキングホリデーに来る前に、エージェントにおすすめされたAIUのワーキングホリデー向けの海外旅行保険「8WSタイプ」に加入しました。

保証内容は、障害死亡、障害後遺障害、治療・救護費用(無制限)、疾病死亡、個人賠償責任、航空機寄託手荷物遅延、航空機遅延費用、生活用動産が入っており、1年間で200,540円支払っています。

資金に余裕がなかった私にとってかなり高額でしたが、長期で海外に行くのが初めてだったため、

  • 治療費が無制限である
  • 多くのワーホリメーカーが利用している

とエージェント一押しだったこちらの保険に加入を決めました。

スーツケースを壊してしまったのはバスの中です。ハンドルを出した状態でバスに乗っていたのですが、バスが曲がる時にスーツケースが倒れ、ハンドル部分が座席にぶつかり、ボキリと折れてしまったのです。

そういえば、海外旅行保険のしおりに「スーツケース修理サービス」という文言があったなぁと思い立ち、AIUに電話してみました。以前、1度iPhoneを修理した際にお世話になり非常に対応がスムーズだったことを思い出したからです。

しかし、今回はiPnoneの修理とは勝手が違っていました。

スーツケース修理サービスは国内のみのサービスになるので、現状オーストラリアにいる私は利用することができません。利用するとすれば帰国してからですが、それには壊れたスーツケースが必要なので、このスーツケースをもって帰る必要があります。

そこで、問題が発生します。

保険が適用されるのは「スーツケースがスーツケースとしての機能を果たさない」と認められたときのみ。それは申請後にわかる。しかし、ハンドルがないスーツケースは、スーツケースの機能を果たさないと認められるかどうかがまだわからない!つまり、修理しても修理代が出るとは限らない!

私のスーツケースの状況は、持ち手がぽっきり折れてしまっている状態。割れてしまったとか、鍵が壊れたとかそういうレベルではない。これは、修理できない可能性が高い。そうなった場合、新しいスーツケースの購入代金が保証されるのではなく、壊れたスーツケースの購入当時の金額から、使用年数を考慮した減価償却をした金額が返ってくる。

もし領収書がない場合は、破損したスーツケースの商品名や型番を伝えて申請をしてほしい、と言われました。日本でずいぶん昔に購入したスーツケースの領収書があるかどうかわからないし、あったとしても使用年数を考えると、大した金額が返ってくるとは思えない。

検討の結果、新しいスーツケースを買っても2,3万円なので、保険申請をあきらめました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加