ブルガリア・ソフィアの空港でのATM利用

2011年3月29日のブルガリア・ソフィアの空港でのATM利用

2011年3月28日から約3週間に渡り夫と東欧旅行に出かけました。この旅行は新婚旅行です。私自身東欧は始めてであり、未知の世界でした。ブルガリアについてもいつか行ってみたいと思ってはいたものの、遠いのでなかなか機会がありませんでした。

なぜブルガリアの地を選んだのか?というと、結果的にできなかったのですが世界遺産登録されている「リラの僧院」で結婚式を挙げたかったためです。しかしキリスト教徒ではないためできませんでした。今思うと当然の話でしたが、結婚式はヨーロッパの教会でという淡い夢を抱いていたわけです。

それはそうともうチケットも手配済みでしたし、ブルガリアも見てみたかったので当初の予定通り、ブルガリアinブルガリアoutで旅行計画を立てました。ブルガリアですがレバという通貨です。(レフ・複数はレヴァ)

ブルガリアやマケドニアなどユーロがまだ導入されていなかった(2011年当時)こともあり、物価が非常に安く驚きました。タイなど東南アジアより安かったです。しかも建物もそれなりに綺麗で整っていますし、かなり良いなと感じました。

私たちはタイ在住だったこともあり、トルコ航空(TK)を利用してタイ→トルコ→ブルガリアのルートでブルガリア入りしました。このあたりはユーロのほうが良いと聞いていたので、あらかじめタイの空港でユーロに両替していました。

ネットで調べた情報によるとソフィアでは空港にATMがあり、キャッシングできるとのことだったのでレバについてはキャッシングで利用しようと考えていました。空港に到着しATMを探したところ無事発見できました!関税エリアを抜けると左手にATMがありました。

ATMの利用にあたり、私の持っているユナイテッド航空のマイレージプラスのクレジットカードを利用しました。レートですが1レフあたり、67.7円でした。ひとまず100レフ通貨を用意しました。

後で知ったのですが、ブルガリアで1日に利用できるATMのキャッシングは400レフまでだそうです。この点についても知っておきたいポイントです。現在も当時と物価がそこまで変わりはないと耳にします。

私たち夫婦はお酒もかなり飲むのでそれなりに滞在費がかかりますが、ブルガリアはレストランで食事しても1人500円はかからないと思って問題ありません。逆にレフから日本円に交換できるのか?が疑問なので、なるべく少しずつおろしてやりくりするのがベストだと思います。

その後街中も散策したのですが、銀行やATMについてもソフィアであればそれなりにあります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加