AmazonでSIMフリー携帯を買い、トロントでSIMカードを契約して使ってみた。

トロント

2016年11月に私はカナダのトロントに移り住むことになったのですが、出発前に一番悩んだのが「携帯電話」についてでした。私の場合最低一年はトロントで暮らすことを決めていたため、レンタルなどではなく、携帯電話を購入するつもりでした。

そこで、そのまま現地に着いてから携帯ショップで携帯電話を購入してそのまま契約すべきか、それともSIMフリーの携帯電話を事前に購入して現地でSIM購入して契約すべきか、悩んでいたのです。

SIMフリー携帯をAmazonで購入、トロント現地でSIMカードを購入・契約して使ってみる

最終的に私が出した決断は、格安のSIMフリー携帯「ZenFone 5」を事前に購入し、現地に着いたらSIMだけ購入して契約をするという方法でした。本日はその体験談をご紹介したいと思います。

amazonでASUSのSIMフリー携帯を買う

私が購入した携帯はSIMフリーのASUSのZenFone 5(A501CG)という端末で、Amazonで18,500円だったのですが、格安でなかなかスペックが高いことで定評のある端末でした。またカナダの主要キャリアが持っている周波数もカバーしていたため、安心して購入しました。

携帯キャリアとして私が検討していたのが、現地では格安キャリアとして知られているWIND MobileとMobilicityでした。なぜなら、例えばRogersという大手のキャリアは携帯持ち込みのBYO(Bring Your Own)で契約しようとした場合、安くても月額$65(データ1GB、電話300分、SMS使い放題)もするのです。

一方で私が検討をしていたWIND MobileとMobilicityは圧倒的な安さを誇ります。例えばWIND Mobileですと最安で$35(データ2GB、電話/SMS使い放題)、Mobilicityですと$35(データ6GB、電話/SMS使い放題)で利用することができるのです。

ただし安さには理由があり、これら格安キャリアは大手キャリアに比べて電波のカバーエリアも狭いのが特徴です。さらにこれらのキャリアはAWSという一般的ではない通信規格を採用しているため、対応する端末も限られてしまいます。実は私のZenFone 5もWIND Mobileでは使えませんでした。しかしMobilicityの方はRogersに買収されRogersの周波数も扱うようになっていたため、結果的にMobilicityで契約することができたのです。

トロント現地でMobilicityのSIMカードを購入

SIMy

私が契約をしたプランは$25のUnlimited Starter(電話/SMS無制限)というプランに、$10のUnlimited Basic Data(データ6GB)を加えた$35です。お店は1267 St Clair Ave WにあるMobilicityの正規店で、英語で手続きをすることとなりますが、ID(パスポートなど)と現金があればその場で契約してすぐに使い始めることができます。なお、ZenFone 5はmicro SIMカードでしたが、その場でスタッフの方が型を合わせてくれますので安心です。ちなみに解約料もありません。

実際に3ヶ月ほど使ってみての感想

正直この値段でこれだけ安定していれば十分だと感じています。ZenFone 5の端末上の問題でたまにSIMカードを認識しないこともあるのですが、繋がっている時は電話もインターネットも全く問題ありません。またZenFone 5は3Gまでしか対応していないのですが、3Gでの速度も慣れれば気にならなくなりました。

結論、短期間で安く運用したい旅行者の方々にもぜひオススメできるキャリアだと言えると思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加