アメリカ行きは4回自腹で1回無料、マイルは年に一度の贈り物

アメリカ行きは4回自腹で1回無料、マイルは年に一度の贈り物

仕事の関係で1年の3分の1をアメリカで過ごしました。行ったり来たり、何度も日本とアメリカを往復しました。
機内はまるで我が家のように・・・とまでは思えませんが、とても慣れ親しんだものになりました。

仕事は自営でしたので航空券は自腹を切って行くのですが、1年に1度、贈り物があります。たまったマイルで無料でアメリカへ行くのです!

日本⇔アメリカは3、4往復で1回往復分のマイルが貯まる

日本とアメリカを3~4回往復すると1回マイルで飛ぶことができます。
“だいたいではなくて、もっと正確に教えてよ!”
と思われるかもしれませんが、こればかりはだいたいとしか答えられません。

何マイルで往復できるかはその時によって違います。シーズンによっても、一週間前に取るか一ヶ月前に取るかによっても違います。

私が仕事でよく行っていたのはフロリダ州のオーランドでした。オーランドまでは直行便がなく、私は経由地よりも格安にこだわる方でしたので毎回違う経由地で行っていました。

デトロイト経由だったり、アトランタ経由だったり、私はやったことがありませんが、ハワイ経由もあります!安いです!

経由地によってつくマイルが違ってきますし、更には航空会社によっても違ってきますので、だいたいとしか答えられないのです。ちなみに私はデルタ航空(DL)を使っていました。

同じ目的地でも2万マイルの差

2012年11月23日。復路12月3日。デトロイト経由。成田(NRT)-オーランド(MCO)間は7万マイルでした。一週間前に取りました。

その前年の2月にマイルを使って飛んだときには、同じ区間なのに9万マイルもかかりました。取った時期も同じく一週間前だったのですが、おそらく繁忙期であったことと、私が取ったタイミングとでこうなったのでしょう。

繁忙期は安いマイルからどんどんなくなってしまうので、私のようにギリギリ一週間前などに取ろうとするのんびり屋は、あっという間に安いチケットを取り損なってしまいます。同業の友人の中には、いかに少ないマイルで飛ぶかに全力を注いでいる人もいました。のんびり屋は乗り遅れますので、早めにチケットを取ることをお勧めします。

何マイルで飛べるかという話しだけでも長い話になってしまいますがm7~9万マイルためればアメリカまで確実に行けます。

1回の日本⇔アメリカ往復で付くのは約25,000マイル~

アメリカまで正規にお金を支払って飛ぶと、だいたい25,000マイル付きます。です。これは経由地によって変わります。2013年7月にデトロイト経由で飛んだときには29,416マイル付きました。

アメリカまでは7~9万マイルあれば無料で飛べますので、アメリカを3、4回往復すると、もう一回行ける!ということになります。

そして、浮いた経費を私が何に使ったかといいますと・・・

浮いたお金で本場のシルクドソレイユを見てきました!!

のんびりダウンタウンディズニーを散歩して、足休めで本場のビッグなアイスクリームを食べ、

夜ご飯はホテルのレストランでアメリカンステーキ!贅沢三昧です!マイルって、やっぱりお得です!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加