JALマイルでアップグレード。広めで快適なビジネスクラス最前列でヨーロッパへ

ベネチアならではのゴンドラです

2015年11月、ヨーロッパ周遊旅行に行った際、JALマイルを使用しエコノミーからビジネスクラスへアップグレードをしました。アップグレードには、往復で55,000マイルを使用しました。

当初はベネチアのみに行く予定だったのですが、アップグレードできるチケットの空席の関係上、予定より長くヨーロッパに滞在できることとなったため、JAL(JL)にて発券後別途ルフトハンザ(LH)にてアムステルダム行きのチケットを取りました。アップグレードとなったのは、JALの区間のみです。

ヨーロッパ周遊のフライト

往路

東京(HND)—パリ(CDG):JAL <アップグレード>
パリ(CDG)—ベネチア(VCE):Air France <エコノミー>
ベネチア(VCE)—アムステルダム(AMS):Lufthansa<ビジネス(別途手配)>
アムステルダム(AMS)—フランクフルト(FRA):Lufthansa<ビジネス(別途手配)>

復路

フランクフルト(FRA)—東京(NRT):JAL <アップグレード>

ベネチアまでは直行便がないため、パリ経由(帰りはフランクフルト経由)で向かうことに。パリからの接続便は、エールフランスが手配されていたのですが、JALとエールフランスはアライアンスが違うため、JALの上級会員であっても経由地(パリ)にてエールフランスのラウンジは使えないので注意が必要です。

私はと言いますと、このような事態のために(?)スカイチームの上級会員でもあるので、ラウンジが使用出来て重宝しました。

ビジネスクラス最前列はスペースやや広めです。

パリまでは羽田(HND)からB-777のビジネスクラスでした。事前にビジネスクラス最前列の窓側を抑えていました。この席は、ファーストクラスのすぐ後ろですが、他のシートよりも若干スペースが広めに作られているお気に入りです。お行儀は悪いのですが、女性であればストレッチしても気にならないくらいの広さがあります。

パリで5時間ほどのトランジットを経て、イタリアのベネチア、オランダのアムステルダム。

ベネチアはアドリア海に面しているだけあり、シーフードが絶品!名物のシャコとカニサラダを楽しみました

観光都市のベネチアは英語も通じますし公共交通機関もさすがに充実しています。

ベネチアを楽しんだ後は、アムステルダムで友人と会い、フランクフルト経由で帰国となりました。

ベネチアの後に訪れたオランダ・アムステルダム。ミッフィーちゃんと名物、ゴーダチーズです。

ヨーロッパ旅行の強みは、一度に複数の国を簡単に廻ることができること。とはいっても、国ごとの個性は色濃く感じられるのがさすがといったところでしょうか。

帰国の便は、行きとは違って最新型のB-787でした。機体は新しくて気持ちが良かったのですが・・・やはり、行きがB-777(大型機)でしたので、B-787のピッチが狭く、窮屈に感じました。

同じビジネスクラスでも、機体や路線によって快適度が大きく変わります。B-787はアジア路線では十分快適なのですが、やはり長距離路線だと大型機がいいな、と感じました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加