タイ・バンコクのカシコン銀行にて両替

2010年8月21日タイ・バンコクのカシコン銀行にて両替

夫と2人、旅行を兼ねてタイ入りしていたのですが夫は仕事がらみの用事もありこの日は、日本人街と呼ばれているトンローという街に滞在していました。トンローですが、BTSトンロー駅もあり便利な立地となっています。タイは観光で何度か訪れたことがあるのですが、いつもセントラルエリアに滞在していたのでトンローという地域は始めて訪れました。

タイに到着してから食費や観光などのお金として3,000バーツをATMで融通しました。しかしそのお金も3日目にはあまりない状態でした。

この日はパタヤというバンコクから近いビーチに移動予定でした。幸いトンローという街の隣のエカマイというエリアからパタヤ行きのバスが出ているとのことで、タクシーに乗りトンローからエカマイのバスターミナルに移動する計画を立てていました。

お金ですが、私たちの宿泊先のホテルの近くにカシコン銀行という銀行がありそこで両替しました。すっかり忘れていたのですが、両替の際はパスポートが必要なのでパスポートも忘れず持参したほうが良いです。私たちはパスポートをホテルにおいており、スタッフの方に言われてホテルにとりにいきました。

このとき両替したのは1万円です。1万円で3,620バーツほどでした。ここの銀行ですが、けっこう時間がかかりました。10分もあれば終わるだろうと思っていたのですが、30分ほどかかりました。なんで時間がかかったのか?というと両替中にスタッフの電話に誰かから電話があり、15分以上電話対応していたためです。日本ではこうした場合、店頭で対応中の顧客が優先だと思うのですが、タイはあまりそうした順序はないようです。

さてこうして無事お金も調達したので、いよいよバスターミナルに移動です。ホテルですが、日本と異なりチップをおくことも考えなければなりません。(中級以上のホテルに宿泊の場合)私たちは40バーツほどチップを置きました。

タクシー代はホテルからバスターミナルまでで57バーツほどでした。基本的に細かいお金が必要な国です。コンビニで買い物した際など、なるべく細かいお金はキープしておいたほうが良いでしょう。

よくマネーチェンジはレートが良く、銀行はいまいちなんて声も聞かれますが、タイについては銀行もそこまでレートが悪くないと思いました。それこそちょっと旅行で1万円程度両替するには何の問題もないと思います。

ちなみにパタヤまでのバス代は1人片道113バーツでした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加