携行品補償、わたしのカード付帯保険か夫のオーダーメイド保険か?

ハワイ島の溶岩ビーチ

2013年3月のハワイ島&オアフ島周遊旅行。ハワイ島はコナ・コーヒーの産地として有名です。

コナ・コーヒーのエスプレッソは聞いたことがないので、エスプレッソ好きの夫のために、トラベルクッカーとエスプレッソメーカーを持って行きました。

しかし、ホテルの中にあったコナ・コーヒーのスタンドでエスプレッソを買うことができましたし、コナの宿でも、朝食にコーヒーが付いたので、ハワイ島でのトラベル・クッカーの出番は、湯沸しのみでした。

オアフ島で、トラベルクッカーが壊れる

日程6日目、オアフ島のホテルに移動しました。そこで、
「コナ・コーヒー・ベルトの農園で買ったコーヒーを、飲んでみようか」
と「ピー・ベリー」というコナ・コーヒーを買いました、エスプレッソ・メーカーでも淹れられるように極細挽きにしてもらいました。

早速トラベル・クッカーにセットしたのですが、ここで、電熱器の部分がいつまでたっても熱くらないことに気付きました。電源をON/OFFしてみても変化なしです。ハワイ島では問題なくお湯を沸かせていたのに。どうやら、壊れてしまったようです。

残念ですが、帰国後までこのコナ・コーヒーはおあずけとなりました。

わたしのカード付帯保険?それとも夫のオーダーメイド保険?

帰国後は、すぐに海外旅行保険の保険金申請をします。

ハワイ旅行に持参したトラベル・クッカー

今回の保険は、私にはクレジットカードの付帯保険があったのですが、夫にははなかったので、夫だけ「損保ジャパンOFF」の「オーダーメイドプラン」で必要最小限の補償を選んで加入していました。

トラベル・クッカーの購入価格は5,000円程度だったので、修理にしても時価額になっても、補償される金額は数千円程度だろうと予想できます。

クレジットカード付帯保険を利用すると、1回の申請につき自己負担金が3,000円かかります。補償される金額はそれ以下になるかもしれません。

自己負担金なしの夫の保険に決めた

そこで今回は、自己負担金がかからない夫の保険に、夫名義で申請することにしました。

保険会社には夫が事故報告の電話をし、保険金申請に必要な様式等を郵送してもらいました。ツアーではなく個人手配旅行で、同行者は私だけなので、第三者証明の自認書が必要でした。

メーカーにトラベルクッカーを宅配便で送る

2013年3月15日に、トラベル・クッカーのメーカー株式会社カシムラに、修理について相談しました。故障時の詳細は、電話で伝えた他にメールでもカシムラに送りました。故障したトラベルクッカーはメーカーに送って、詳しく調べてもらうことになり、翌日に宅配便で送りました。

修理は不可能、「修理不能証明書」を発行してもらう

3月19日、メールで返信があり、故障の状態が分かりました。

「過熱保護用サーモスタット部に断線があり、本体が通電しない状態でした。原因は特定できませんでした。本製品は生産終了品です。部品が入手できないので、修理は不可能です」
とのことでした。残念ですが仕方がないです。

またこのとき、数ヵ月後に後継機種が発売されることも教えてもらいました。

「トラベル・クッカー」という製品自体、作られているメーカーがもともと少なく、自分で調べた時にはよい製品が見つからなくて、今後どうしようかと思いましたが、少し待てば新しい機種が買えると分かって、少し安心しました。

トラベル・クッカーはそのまま廃棄してもらうことにし、「修理不能証明書」をPDFデータにしてメールで送ってもらうことになりました。同日中にすぐ対応してもらうことができました。

旅行保険会社の方へは、翌日には必要書類を揃えて郵送しました。

口座に保険金2,000円が振り込まれる

3月28日、指定した銀行口座に2,000円が入金されました。夫が加入した海外旅行保険の金額ぐらいの補償額でした。しかし、せっかく加入した保険ですから、有効に利用できてよかったことにします。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加