プライオリティパスを利用し「IASS HAWAII LOUNGE」でのんびり過ごす♪

ホノルル空港 IASS HAWAII LOUNGE

2012年、1年間がんばって仕事をして、念願の“年末年始をハワイで過ごす”を実現しました。2012年12月31日羽田発、2013年1月5日羽田着のスケジュールです。30日出発と比べ、この1日の差でお安くなるんですよ。

31日の夜・羽田(HND)発のANA(NH)でしたが、紅白を終えた芸能人がどうやらハワイに行くらしく、歩く歩道を通過したり、それをとりまく芸能レポーターを見たり、獅子舞やなまはげがきたり、待ち時間が結構楽しいので、なかなかおススメです。

帰りは1月5日ホノルル空港(HNL)発でした。ANAのツアーでしたが、お正月ということもあり空港が混雑するだろう、という心配からなのか、ホテルにバスが迎えに来たのは、なんと搭乗の4時間前!

帰りの便の待ち時間を「IASS HAWAII LOUNGE」で過ごす

入国手続きが少し混んではいましたが、それでも空港内で2時間半ほど自由時間ができてしまいました。免税店やお土産屋さんをざっと見ても30分程度。残りの時間をラウンジで過ごすことにしました。

楽天プレミアムカードのプライオリティパスで「IASS HAWAII LOUNGE」が利用できる

ホノルル空港のラウンジはいくつかあると思いますが、我が家が使ったのは「IASS HAWAII LOUNGE」です。楽天プレミアムカードを持っているとゲットできるプライオリティパスを使いました。

このラウンジ、搭乗ゲートにかなり近いところにあり、その分、お店が立ち並ぶとこをずっと通り過ぎていかなければなりません。
ホノルル空港の通路って半分外みたいになっていますが、そこから建物内に入り、エレベーターを降りていきます。お正月で比較的混んでいる空港なのに、この建物の中はあまり人がいなくて心配になるくらいでした。

ラウンジの場所がちょっとわかりにくかったのですが、なんとか見つけることができました。

窓からハワイの青い空と飛行機が見え、家具はラタンで南国風

「IASS HAWAII LOUNGE」は、入口に受付があり次の間のようなスペースがあります。その奥に、広い部屋が広がっていました。大きな窓からは飛行場が一望でき、ハワイの青い空と飛行機がとってもきれい!家具は、ラタンを使ったまさに南国という感じです。フカフカのソファというラウンジらしい趣はありませんでしたが、これはこれでよかったです。

Wifi、ノンアルコールドリンク、軽食はフリー。アルコールは有料

ビジネス向けの小部屋には、プリンタのようなものが設置されています。Wi-Fiは無料で使えます。飲み物は、ノンアルコールが無料です。マンゴーやグアバなどの缶ジュースがあり最後にトロピカルドリンクが飲めて子供たちも大喜びでした。アルコールはすべて有料。我が家はビールを飲みましたが、バーのようなコーナーもあり、どうやら頼めばカクテルも作ってもらえるみたいです。

食べ物は、1つづつになったチーズやクラッカー、小袋のナッツなど乾きもののおつまみが多いです。お腹にたまるものはなく、お腹を満たしたい場合は、ラウンジに行く前のお店が並んでいるところまで行って、何か買ってこなければなりません。お店までは距離があるので、ちょっぴり不便でした。お腹がすいているなら先に買っていくのがおすすめです。お正月はどこも混みますが、ラウンジはすいていて、落ち着いて待ち時間を過ごせました。

私たち夫婦だけがプライオリティパスを持っているので、子供2人と同行した母の分は有料なはずなのですが、請求されることはありませんでした。相変わらず、プライオリティパスのこのあたりのシステムがよくわかりません。

海外のラウンジにしてはシンプルで、食べ物も充実してはいませんでしたが、窓からの景色は最高!で、最後にハワイの思い出をもう一つ追加することができました。

(編集部注: 2017年4月27日 ホノルル国際空港(HNL)は正式名称を「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K. Inouye International Airport (HNL))」に変更しました。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加