JALのマイルを”e JALポイント”に替えて普通予約、ホノルルマラソンへ!

JALのマイルを現金化して普通予約、ホノルルへ

2013年12月、ホノルルマラソンに参加しました。

ホノルルマラソンへ参加するための特典航空券が11月半ばになってもなかなか取れず焦りました。

2013年6月、12月発のJAL(JL)ハワイ・ホノルル便を特典航空券で予約しようと試みました。ホノルルマラソンの時期は航空券が取りにくく、成田(NRT)、大阪(ITM)、名古屋発着、いずれもキャンセル待ちの状態でした。とりあえず、キャンセル待ちを入れて11月まで待ってみました。

2便までは予約が出来るので空港を変えてリクエストを入れてみましたが、行きだけが取れたり、また帰りだけが取れたり、完全な形で完了できないまま11月半ばを迎えたのです。12月の第2週には出る予定なのにだいぶ焦ってきました。

特典航空券の席数枠はあらかじめ決まっており、早い段階で埋まっていると取れません。1週間前くら間際になって放出することも過去にはありましたが、ハラハラドキドキ心臓に悪いです。

“マイルをe JALポイントに交換すればいいんじゃないか?”と気づきました。

ここは特典航空券を頭から離し、もう安い日程を探し、現金で購入しようかと普通の予約画面に行きました。すると、席数はまだまだ余裕があり、購入可能な状態なんです。それならJALのマイルを”e JALポイント”に交換して普通予約で行ったらいいんじゃないかと考えました。

特典を使わずマイルをe JALポイントに交換して使うメリットの一つは、普通に購入する時と同じくマイルがたまる事です。当時、日本からハワイ往復で6,000マイル近くたまりました。その年初めてのフライトでしたら1,000マイルももらえますし、席を確保できると安心して旅の準備ができます。

特典航空券をつかっても、燃料サーチャージのは現金で支払うことになっていました。当時は35,000円くらいしたと思います。どちらにしても全く無料ではありませんので、そこで決めました。

マイルからe JALポイントへの交換には最低ルールが決められていますので、1円単位まで換えられるという訳ではありません。しかし当時JALカードの会員ですと3,000マイルまで細かく使えることになっていましたので、かなりギリギリまで交換できました。

無事に予約できホノルルマラソン完走、年末にはマイルがついていました.

足りない分はカード払いとし(これもマイルが貯まりますね)無事に予約出来、12月にハワイでホノルルマラソンも完走することが出来ました。年末にはホノルル便の搭乗マイルがついていましたよ。

特典航空券の特にハワイ便は、正月、お盆、シルバーウィーク、ホノルルマラソン時期が特に予約が取りにくいです。330日前から予約は受け付けていますので、それくらい早い時期ですと何とか少し席数もあると思います。

日程がそんなに早く決められない、マイルはたまっているのに特典航空券の枠が満席で困っている、そんな時にはマイルのe JALポイントへの交換を思い出してみてください。

(編集部注: 2017年4月27日 ホノルル国際空港(HNL)は正式名称を「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K. Inouye International Airport (HNL))」に変更しました。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加