JALマイレージの特典航空券で年末ハワイ旅行へ、出発前はサクララウンジでくつろぐ

ハワイ

私たち夫婦は、航空会社はなるべくJALを使っています。独身時代から買い物は全てJALカード、買い物や航空券以外にも、公共料金の支払いや費用がかさむ病院などの支払いも全てJALカードで決済しています。他にもJALのマイルGetキャンペーンに申し込んだり、マイル特約店で買い物したりと、日々コツコツとマイルを獲得することにより、年間50,000マイル近いマイルを獲得しています。

貯まったJALマイレージを使って年末ハワイ旅行へ

2014年12月、7泊9日でオアフ島&ハワイ島へ行ってきました。
今回の旅もマイルを使って特典航空券を取得しました。使用マイル数は、羽田(HND)—ホノルル(HNL)間で、合計80,000マイルです。

出発まで2ヶ月を切って予約。プレミアムエコノミーはすでに満席、もっと早く予約すべきでした

クリスマス当日に帰国する日程だったので、出国まで2ヶ月を切ってはいたものの、希望通りの日程で特典航空券を取得することができました。

長期のフライトなのでプレミアムエコノミーを希望していましたが、すでに満席でした。プレミアムエコノミーは座席数が少ないので、もっと早くに予約すべきでした。

出発前はサクララウンジを利用しました。

JALのサクララウンジを使用するのは、出発前の楽しみのひとつです。ラウンジを使用できなければ、最終チェックイン時刻ギリギリにチェックインするところですが、私達は2時間前にはチェックインを完了させ、決まってラウンジで腹ごしらえをします。

ホノルル行きは深夜便でしたが、いつも通りカレーライスとビールを注ぎ混み、ワインを飲みながらゆったり過ごしました。この日は野球界の大御所と言われる方々もラウンジでくつろいでいました。

私たち夫婦がJALを利用する最大の理由は、マイレージステイタスによりラウンジを使用できるからです。

JALマイレージステイタスには、ダイヤモンド・JGCプレミアム・サファイヤ・クリスタルとあります。マイレージステイタス獲得により、座席がエコノミークラスの場合であっても、いつでもラウンジを使用することができます。

ハワイで思い切り羽を伸ばしました

オアフ島のザ・モダンホノルル。敷地内に世界三大スピリチュアルスポットや36ホールのゴルフ場を有するマウナラニリリゾートでたっぷり自然を楽しみました。ザ・モダンホノルルは2010年にオープンしたブティックホテルですが、スタッフも親切でしたし、立地も良いので再訪もありかなと思っています。オアフでは買い物三昧の日々でした。

今回のハワイ旅行、年末を外したとはいえ、ホテル代、現地でのオプショナルツアー、食事代、ゴルフ代、だけでもかなりの出費。それにお土産代を追加したら、3桁以上の出費に。航空券を購入していたら、エコノミーでも更に30万以上の出費になっていたと思います。

まだまだハワイを数回往復できる程マイルが残っているので、次はどこへ行こうかと考え中です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加