JFK空港のブリティッシュ・エアウェイズ・ファーストクラスラウンジでフライト前のホットミール

Dinner in the First Class Lounge, JFK
Dinner in the First Class Lounge, JFK / BriYYZ

世界周回の出張を繰り返すと、空港でのラウンジ利用の方法に加えて、どのようなルートで周回するか色々と考えるようになります。西周り?東周り?立ち寄る必要のある都市をどのように周るか、多くなれば多くなるほどパズルに。

面白いルートがあります。BA001便/BA002便 の番号がついているフライトルートです。このフライト番号はかつてイギリスとフランスが共同開発してブリティッシュ・エアウェイズ航空(BA)とエールフランス航空(AF)が飛ばしていた超音速旅客機コンコルドのフライト番号です。

2003年にコンコルドそのものは引退しましたが、現在は同じフライト番号がニューヨークJFK空港(JFK)とロンドンシティ空港(LCY)の間を飛ぶ全席ビジネスクラスのクラブワールドロンドンシティと呼ばれているちょっと特殊なフライトで利用されてます。ロンドンシティ空港はロンドン市、特に金融街に最も近い空港で市内から通常の地下鉄で20分の利便性を誇り、空港でビジネス利用客も非常に多い空港です。

2014年10月に搭乗したBA002便は、ニューヨークJFK空港 (JFK)を夜19時前に出発し、ロンドンシティ空港(LCY)に朝7時過ぎに着く夜便です。 ビジネス・トラベラーとしてはロンドンに着いて一日を有効に使える、フライトということもあり常に満席近い人気フライトです。

そんなBA002便には、ラウンジの利用も含めてBAからも進められているいくつかの特徴があります。チェックインはニュヨークJFK空港の第7ターミナルの一番左手奥のファーストクラス/ビジネスクラス専用のチェックインカウンターで行います。そこから、カウンター脇にある優先セキュリティレーンを用いて進むことができます。

ビジネスで直前まで打合せして搭乗する人は結構ギリギリに来る人も多くいるようです。私は、搭乗当日は時間に余裕が合ったため早めにチェックインしてセキュリティレーンを通って空港内のラウンジへ。

ここで登場するのがカウンターでBA002搭乗客に渡されて勧められたラウンジでの「プリ・フライト・サッパー・ミール・クーポン」です。これは、このフライトの設計が19時発のフライト時間が約7時間と「寝る」為の設計が故です。 フライト中に軽食は勿論出ますが取る人はごくごく一部で、殆どの人は離陸と同時に就寝し、キャビン内もあっという間に暗くなります。

ミールクーポンを持って、ラウンジ奥に行くと食事スペースが開いており、いつもながらのビュッフェにホットミールが用意されていると同時に、サラダやハンバーガー等を注文して食べることができます。ホットミールの味はアメリカらしい味が多いですが、種類は比較的豊富にあり、訪れた時はインドカレー等あり楽しめました。

ラウンジについてはこれで終わりではありません。ロンドンシティ空港に着陸してからもタイアップしているホテルにてアライバルサービスを受けることができます。熱いシャワーを浴び温かい朝食を食べてから仕事へ、観光へとでることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加