航空会社の上級ステータスを維持するには?

各種クレジットカード

マイラー歴8年のマイルトラベラー、ルイと申します。上級ステータスを維持するには、大きく分けて2つの手段があります。

飛行機に乗ってステータス維持

これは、最も明確かつハードルの高い方法です。毎年ステータスを維持出来る量のフライトをこなせば、自然とステータスを維持することができます。私も、仕事で欧米へ年に7往復ほどしていたときは、特に何も意識せずともダイヤモンドを維持することができていました。

しかし、そのようなライフスタイルを何年も続けることは、費用がかかりますし、体力も必要です。

こちらもJALファーストラウンジにて。朝ごはん、、、やっぱりJALカレーでしょう。

クレジットカードでステータス維持

ステータス付きのクレジットカードに入会すれば、クレジットカードを退会しないかぎり上級会員のステータスを維持できます。私も、各アライアンスのステータス付きクレジットカード保有し、ステータスを維持しています。

クレジットカードの会員であることが条件なので、年会費がかかります。また、ステータス付きカードと一口に言っても、通常カード、ゴールドカード、プレミアムカードといったカード自体の「種類」や、VISAやMasterCardといった「ブランド」まで多種多様。年会費も10,000円代から100,000円を超えるものまで様々です。

例えば、「ANA AMEX スーパーフライヤーズゴールドカード」ですと、年間31,000円(税別)の年会費がかかります。月に直すと約2,700円です。

私は、これらは「必要経費」として受け止めています。というのも、ステータスがあれば、例えばディスカウントチケットを利用したエコノミーの場合でも多くのメリットがあるからです。

ある日の羽田・JALファーストラウンジにて。ポタージュスープ、メゾンカイザーのパン、そしてシャンパーニュ。

ラウンジの利用、というのが一番わかりやすい例かもしれません。エコノミーでは国際線でのミールサービスがあまり期待出来ないので、ラウンジでしっかりと食事をとれるのはありがたいです。

また、基本ですがビジネスもしくは優先カウンターでのチェックイン、優先搭乗も意外とありがたいサービスです。「並ぶ」という行為は、特に旅の間はストレスを感じます。

上級ステータスを維持することで、毎回これらの恩恵が受けられるなら費用対効果は十分と思っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加