タイのパタヤジョムティエン”View Talay Condominium 5D”の”krungsri exchange”で両替。

krungsri exchange

2016年6月28日タイのリゾート地パタヤジョムティエンの”krungsri(クルンシィ)exchange”を利用しました。パタヤは首都バンコクから車で2時間ほどの場所にあるリゾート地であり、バンコクから日帰りや1泊2日で立ち寄る人も多いビーチです。最近は中国人のツアー客が大勢見受けられます。

パタヤといえば北パタヤセントラルパタヤが観光のメインですが、私たちはパタヤジョムティエンというさらに南下したエリアに滞在中です。

View Talay 6

パタヤジョムティエンはロシア人の長期滞在者が多いエリアでもあります。ロシア料理の屋台が多く。本格的なロシア料理を手軽なお値段で食べることができます。

私たちが宿泊した”ビュー タレイ コンドミニアム 5D~View Talay Condominium 5D”も長期滞在者におなじみのコンドミニアムです。

自炊も洗濯もできるので、子連れの方にもおすすめです。バンコクと違いプールの面積が広く快適に過ごすことができます。

パタヤに滞在して4日目、予想以上に出費がかさみ両替することにしました。”ビュー タレイ コンドミニアム 5D~View Talay Condominium 5D”の入り口に ”krungsri exchange”があります。

Krungsri(クルンシィ)はタイの代表的な銀行の1つで、日本では”アユタヤ銀行”と呼ばれています。Exchangeの隣にATMもあります。おそらく外国人ゲストが多いコンドミニアムなので入り口に両替所とATMが設置されているのかと推測します。何はともあれ入り口に両替所があるのはありがたいことです。

さっそく両替してみることに。両替額は2万円です。パタヤジョムティエンは日本人が少ないので日本円に両替してもらえるのか心配でしたが、大丈夫でした。

パスポートと2万円を出すと両替してくれました。2016年6月28日のレートで0.3413で、6826バーツほどとなりました。最近円安傾向が続いているので、両替も率がよくなってきています。

ここでは簡単な英語が通じるようです。通じるようですという表現はちょっと変かもしれませんが、私の両替担当をしてくれた女性は無愛想で何も言わずに指差ししてくれた程度でした。レシートはもらえます。

パタヤはいたるところに両替所がありとても便利です。大手銀行関連の両替所も多数あります。レートが心配といった方は銀行の両替所を利用するといいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加