ヤンゴン国際空港”Sky smile” スカイスマイルは食事が充実していました。

ヤンゴン国際空港のラウンジ

2016年2月にヤンゴン国際空港(RGN)でラウンジを利用する機会があったのでちょっと記録がてら書き留めて見ました。

ヤンゴン国際空港は1階にチェックインカウンター、2階にはイミグレーション、搭乗エリア、ラウンジがあります。ラウンジは3箇所で、ロイヤルジェイドが2箇所とスカイスマイルが1箇所です。

スカイスマイルは、全日空(NH)、カタール航空(QR)、香港ドラゴン航空(KA)、中華航空(CI)、エアインディア(AI)らと提携していました。今回はエアインディアの利用ですのでこのラウンジです。

一方のロイヤルジェイドはシルクエア(MI)、タイ航空(TG)、マレーシア航空(MH)、中国国際(CA)、大韓航空(KE)、アシアナ航空(OZ)らと提携しており、世界3大航空連合の会社が入り混じっている状況です。

大抵、その空港をハブとする航空会社がラウンジを所有し、利用可能の航空会社が航空連合ごとにまとまっているのですが、ここではバラバラですので注意しましょう。

ヤンゴン国際空港のラウンジ”スカイスマイル”について

ヤンゴン国際空港スカイスマイルの入り口。航空会社のロゴを持った女性アテンダントのポップアップが並んでいる。

出国手続きを終えて正面にある土産物エリアを抜けた奥にラウンジはあります。入口等には航空会社のロゴを持った女性アテンダントのポップアップが乱雑に並んでいて、こういうのも途上国らしさを感じさせます。

エアインディアカード

チェックインカウンターで搭乗手続きの際に貰ったエアインディアカードを、受付の女性に渡します。

ヤンゴン国際空港スカイスマイル ソファは約60席

Wifiのパスワードを書いた紙を受け取って中に入りますとソファが60ほどあり、

ヤンゴン国際空港スカイスマイル 滑走路が良く見える席もある

滑走路が良く見える席もあるので押し込められた感じもせず開放的なラウンジです。誰も居ないのもあって結構広く感じます。

ヤンゴン国際空港スカイスマイル 新聞雑誌は日本語、中国語。

Wifiは下り2Mほどでまあまあ快適。新聞雑誌は日本語、中国語のものもありましたが冊数は少ないです。コンセントがイスや机ごとにないのが残念でした。混雑している時は場所選びに苦労ししそうです。

食事はミャンマー焼きそばからインスタントラーメンまで、満足できる内容でした。

ヤンゴン国際空港スカイスマイル 食事はミャンマー焼きそばからインスタントラーメンまで

暖かい食事は、チャーハン、パスタ(バーミセリ)、ミャンマー焼きそばの3種類、他にサンドウィッチやスープもありました。

IMG_1698

飲み物はコーヒー、紅茶、ペットボトル系のソフトドリンクはもちろん、アルコール類もあります。スイーツ類の種類が多めでプチケーキ類をメインに10種類以上はありました。

そして、他の空港ラウンジでもごく稀に見かけるインスタントラーメンもありました。(メイド・イン・タイだったのが残念でしたが)

ラウンジ専用のトイレがありました。

シャワー等はないですがラウンジ専用のトイレもありますので、途上国とはいえそれなりに満足できるラウンジだったと思います。

蛇足ですが、国内線ターミナルを挟んだ反対側で工事中だった新しいターミナルビルが2016年3月に完成したようです。

また、ヤンゴンから北へ2時間ほどのバゴーという町に国際空港も建設中のようです。どのような運用になるのかわかりませんが、ラウンジはあるのでしょうから双方とも利用してみたいものです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加