生理不順のための検査通院。費用はすべて保険適用に。

生理不順のための検査通院。費用はすべて保険適用に。

2016年3月現在、ワーキングホリデーでオーストラリア・ブリスベンに来ています。元から生理不順で日本でたまにピルを処方してもらっていました。ブリスベンにきてやはりピルがあると楽だと思い、初めて海外で病院に行きました。

私が加入しているのはAIUのワーキングホリデー向けの海外旅行保険「8WSタイプ」です。保証内容は、障害死亡、障害後遺障害、治療・救護費用(無制限)、疾病死亡、個人賠償責任、航空機寄託手荷物遅延、航空機遅延費用、生活用動産が入っており、1年間で200,540円支払っています。かなり高額ですよね。

通院を決めたらまずはAIUのアシストセンターに電話をし、近くの病院を紹介してもらいます。ブリスベンにはいくつかキャッシュレス対応ができる病院があり、そのうち最も町に近い病院を紹介してもらいました。予約を代行で取ってくれて、スムーズに事が運びました。

不安だったのが「保険が適用されるかどうかは、治療後にしかわからない」と言われたことです。生理不順でピルをもらう、という行為が海外旅行保険適用になるのかどうかが不安でした。(日本では、低用量ピルは健康保険適用外です。)

病院に行ってみると日本語専用のデスクがあり、何も問題なく受付が済みました。保険適用されるかどうか不安ということを相談したところ、「生理不順のピルは保険適用になるけれども、その場合はいろいろ検査をされるかもしれない。検査は受けずピルだけほしいということだと、保険適用外になる」といわれました。

生理不順といっても、生理が少し止まっているという状況。自分でお金を出してまでピルがほしかったわけではないので、検査があってもOK、と答え、治療に入りました。

その後の流れは、日本の病院とそんなに変わりません。通訳の方が診察室までついてきてくれ、通訳の方を通じて症状を伝えます。一度血液検査をしてみてなぜ生理がこないのかを調べてみよう、ということになりました。血液検査をして、1週間後にまた通院します。

少し数値に異常が見つかったとのことで、再度血液検査をすることになりました。1度血液取ってるのに、そこからはわからなかったのかな…と少し疑問に持ちますが、こちらも自分でお金を払っているわけでないし、と思い再度血液検査を受けました。さらに2週間後に結果を聞いたのですが、その間に生理がきて何のために通院しているかわからない状況に。

その結果を聞きに行った際に、生理がきたということを伝えると、「ああよかった、検査結果も問題ないよ!」とのことで、やっと通院が終了しました。ダメ元で、「これから生理不順になったら面倒だから、もしできるなら、ピルがほしい」と伝えたところ、3か月分のピルがもらえました。

一度病院にかかると同様の症状で6か月間保険で治療が可能らしく、6か月分まではピルが処方されるそうです。

ちょっと検査ばかりされたのは、もしかして保険適用者だから?と疑いを持ちつつも、AIUの方の対応も親切ですし、病院のスタッフにも何の不満もありません。

キャッシュレスなので、何もその後申請書類などを出す必要がないのも楽で助かりました。高い保険ですが長期在住がはじめての私にとってはよい保険です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加