マイアミ空港ラウンジ“CLUB AMERICA” は優雅で落ち着く

Miami Airport.
Miami Airport. / ironypoisoning

2014年2月にペルー・ボリビア旅行へ行ってきました。この旅行では、アメリカのダラス空港(DFW)とマイアミ国際空港(MIA)で乗り継ぎがありました。

マイアミ空港では、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードのプライオリティー・パスを使い、空港ラウンジでのんびり過ごしました。

マイアミ国際空港について

マイアミ国際空港はアメリカ合衆国だけではなく、西ヨーロッパ、カナダなどのハブ空港として利用されています。

特にキューバなどの南アメリカ(ラテンアメリカ)に近く、ペルー・ボリビアを含めた南アメリカへの一番大きな航空ゲートウェイの一つです。

移動はMIAムーバーでスムーズ

マイアミ国際空港は非常に大きいのですが、MIAムーバー(MIA Mover)というメトロレールが、マイアミ国際空港のメイン・ターミナル、マイアミ中央駅とレンタカー・センターの間を走っているので、スムーズに移動できます。

プライオリティー・パスで入れるのは、CLUB AMERICAとVIP Lounge Miami

プライオリティー・パスではConcourse Fの”CLUB AMERICA”とConcourse Jの”VIP Lounge Miami”の2つが使用可能でした。私はConcourse FのCLUB AMERICAを利用しました。

CLUB AMERICAに入ってみた

ラウンジは、搭乗客エリア内の飛行機出発ゲートのとても近くにあります。ラウンジに向かう途中で迷ってしまったので、空港スタッフにラウンジまで連れて行ってもらいました。

搭乗直前に、渡航に関する簡単な問診と、機内に持ち込む手荷物バックの中身チェックがありました。そのチェックポイントからかなり近いところにラウンジがありました。

CLUB AMERICAはゆったり優雅に過ごせるラウンジ

ラウンジの窓が大きくないので、自然光はあまり入ってきません。しかし、オレンジ色の柔らかな光が差し込み、旅で疲れた体を癒してくれました。

アルコールもソフトドリンクも種類が多く、アルコールはバーでオーダーすると作ってくれます。パンやフルーツもありました。

高速wi-fiが使えます。有料ですがシャワーもあります。

一応ドレスコードがあるので、タンクトップに短パンなど、あまりカジュアルな格好はお勧めできません。暖かいからか、サンダルの人は数人いました。

欧米のラウンジは優雅な雰囲気で、ビジネスマンや小綺麗な格好をしている人が多いです。

今回の旅行ではアメリカのダラス空港とマイアミ空港を利用しましたが、いずれの空港も落ち着いた雰囲気で、飲食類も充実していて、アクセスも良く、どちらのラウンジも大満足でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加