成田国際空港第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE1」で物思いにふける

IMG_4506

普段、余暇の空の旅を手に入れるために陸でマイレージをためている私には、ショッピングでたくさんのマイルを貯めるためにJALのCLUB-Aゴールドカードにしていますが、これに伴ってついてくる特典である空港でラウンジが無料で使えるというのも一つ嬉しい特典です。

ラウンジを使う人、というのは、どこかのエグゼクティブや、お金持ちというイメージで自分にとっても遠い存在ですが、ゴールドカードを持っていれば無料で利用することができる。フライトが午前でも午後でも深夜でも、ラウンジでドリンクをいただき、wifiを使いゆったりソファにすわりながら出発時間を待つというのは旅をより一層贅沢で特別なものにしてくれる気がして出発前の好きな過ごし方です。

2015年3月 今回の目的地は南アフリカ、成田から出国手続きが終わり、免税店の誘惑を超え、出発まではまだだいぶ時間がある、そんなときに利用しました。私は、いつもフライト内でいろいろなことをやろうと、PC、本など手荷物がたくさんあります。今回は南アフリカに3か月滞在、さらにフライト時間も34時間(トルコのアタトゥルク空港で8時間、長い!)

利用している人は、ビジネスマンから家族連れまで。これからハワイに出かけそうな人、これからビジネスでアジアに行きそうな人、そんな思い想いに過ごす自分とは違った行き先を持つ人たちが一体どこへ行くのだろうかということを考えるのもまた1つ楽しみ。そして考えずにはいられない。

そして私も今回は特別。旅と言っていいのかわからないが、初めて海外で短期で働くのだ。行き先は南アフリカ、ケープタウン。ずっと海外で働いてみたいと思いながらいろいろ取り組んでいてついに念願のその経験ができる時に通ってきて、ついに念願のその経験ができる時がやってきた、しかも念願のアフリカ大陸。これからどんなに楽しいことがたくさん待っているのかと思うと大興奮通り越して少し不安になる位、でも平静を装っています。なんせ私ラウンジで優雅に過ごしているんですもの。

というまだまだ小市民その一な私ですが、こういう感覚の人なって多いんじゃないかと自分を勇気づけて旅に出て行ってきました。肝心の南アフリカのほうは、平日は仕事をバリバリ休日は大自然とワイナリーめぐりやサファリなど楽しいレジャーの数々に多忙な毎日の連続であっという間に過ぎ去っていきました。ケープタウンはアメリカのセレブの避暑地でもあるらしいのですが、海山陸空と、誰もがいっても楽しめるところです。

そのうちpriority passを作って世界中のラウンジに入ってみたいなんて思ったり、航空会社のラウンジもいつかいつでも利用できるほど出張にいけるようになりたいなと思います。野心も次回の旅への欲も深まるばかりです。

IMG_5838

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加