気軽に入れるアタテュルク空港「PRIMECLASS CIP LOUNGE」

アタテュルク空港「PRIMECLASS CIP LOUNGE」

※本記事は2014年12月にイスタンブール・アタテュルク国際空港(IST)にあるPRIMECLASS CIP LOUNGEを利用した際の体験談です。写真もその当時のものですが、2015年10月にも利用した際はあまり様子は変わっていませんでした。

20ユーロ払ってPRIMECLASS CIP LOUNGEでラウンジデビュー

空港ラウンジと言えば、ゴールドカードを持っている人が利用できる、セレブなイメージがありましたが、長旅で非常に疲れていたため、アタテュルク国際空港の、お金を払えば入れるPRIMECLASS CIP LOUNGEでラウンジデビューをしました。

PRIMECLASS CIP LOUNGEは「エコノミークラスで旅行する人に適したラウンジ」つまり、一般人向けラウンジだそうです。時間によっては最も安くて20ユーロで入れます。

利用者はビジネスマンから家族連れ、1人旅までさまざま

ビジネスマン4割、家族連れ3割、その他一般の1人旅行者3割といったところでしょうか。トルコ人らしき方が半数近くいらっしゃいました。

座れないほどではないが混んでいる

乗り換え時間が7時間ほどあったので、長時間をラウンジですごしました。やはり時間帯によっては空いたり、混んだりしていました。スペースとしては広いのですが、混みます。席がない状態にはならないように「席を探すのがちょっと大変」という程度まで客を入れていました。

ロッカーはほぼ埋まっていた

1人での長旅で荷物が多かったのでロッカーを使いたかったのですが、ほぼ埋まっていました。仕方なく、バックパックとパソコンをずっと持ちながらのラウンジ体験。ほとんどの人が1人腰掛用のソファーに座ってパソコンか、スマホをいじっていました。私もそこに加わり、バックパックを置き、パソコンを開きながらの食事。

混んでいても、wi-fiはすいすい快適

ラウンジ内、密度は高いけれどもwi-fiはすいすい使えました。

食べ放題、飲み放題

アタテュルク空港「PRIMECLASS CIP LOUNGE」のビュッフェ

トルコ料理を始め、洋食、デザートまである、食べ放題、飲み放題です。

シャワールームがあります

アタテュルク空港「PRIMECLASS CIP LOUNGE」のシャワールーム

シャワールームがあったので、シャワーを軽く浴びてリフレッシュできました。

フロントのスタッフの対応はなんとも微妙です。海外ではこれが普通なのかなと思いましたが、基本的にやる気がなかったです。バックパックを持ったアジア人の若い女性である私に対しては非常に雑でした。
「値段はここに書いてあるから見て」
と言い放たれ、鼻であしらわれました。でも、私の後に来たヨーロッパのビジネスマンらしい人にはきちんと対応していて、若干嫌な気持ちになりながらも入りました。

中で働いているスタッフは特に悪い印象は受けませんでした。空いたコップや皿を黙々と片付けていて、コックはフレンドリーで「どこから来たの?」「日本行ってみたいんだ!」などと話しかけたりしてきました。

長旅の間の長時間のトランジットだったので、休めて良かったです。一度は利用してみたいラウンジ、エコノミークラスのラウンジでも、十分リラックスすることができます。

星☆3です。時間帯によっては混んでいること、受付の態度が悪かったためです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加