質の高いサービスを受けるためにSFC修行を決意

航空機に乗ると航空会社からさまざまなサービスを受けることができます。飛行機が旅客を安全に目的地に運んでくれるのは、いまや当たり前のこと。航空会社が競っているのは、旅客にいかに快適に移動をしてもらうかです。

3種類に分けられる顧客

飛行機に乗って移動をする乗客は大きく分けると3種類です。

  1. 一般旅客…ほとんどの人旅客がこれに該当
  2. 会員旅客…自社のマイレージプログラムに加入をしている多頻度利用者
  3. 特殊旅客…VIPと呼ばれている人や政治家、他の旅客と交わることによりパニックを引き起こす可能性がある人もここに含まれる

3の旅客にはよほど特殊な人しかなれませんが、2は一般の旅客でもなれます。

優良顧客を囲い込む

航空会社が利用者の中でも繋ぎ止めておきたい人が会員旅客です。航空機を利用する回数が多く、さらに正規の運賃や正規割引運賃で搭乗をしてくれるので航空会社の利益に直結します。
こうした優良顧客を囲い込むためにマイレージクラブの制度があり、利用する回数に応じて特典をプレゼントしているのです。

魅力的な優良顧客の特典

大手航空会社では1年間にどれだけ自社の航空機を利用してくれたかによって、会員にランクをつけています。このランクが一定以上になると、さまざまな特典を受けられるのです。

代表的な特典は、航空会社が運営をしているラウンジを利用する権利です。出発までの時間をラウンジで飲み物や食べ物などを食しながら過ごせます。他には優先搭乗や優先チェックインカウンター、専用のセキュリティーレーンを通過できるところもあります。これら以外にも無料のアップグレード特典、優先手荷物、予約の優先受付などなど一般旅客にはない特典が多いのです。

こうした特典は、多頻度利用者が空港での滞在時間にできるだけストレスを感じることがないように設定をされています。

修行をしてポイントを貯める

そこで航空会社の優良顧客(一般的には上級会員と呼ばれている)になるために、ひたすら飛行機に乗ることを「修行」または「マイル修行」といいます。修行の目的は航空会社によって決められているポイントを貯めることであり、理由は上級会員になって質の高いサービスを受けることができるからです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加