海外での間違い請求、カード払いしていたおかげでお金が戻ってきた!


New York / Glyn Lowe Photoworks.

photo by www.GlynLowe.com

2000年頃、海外でカード払いにして本当に良かったと思うできごとがありました。

私は20年ほど前から数回ニューヨークを訪れていますが、それぞれ違うホテルを利用しているものの、チェックアウトのときに何らかのトラブルがある確率が結構高いのです。日本では考えられないのですが、先方のミスで余計な金額を払わされたりという経験があり、そのとき現金払いだと結局そのままということになってしまったりするのです。

ニューヨークのホテルにて。使っていないルームサービスの利用料が請求につけられていた。

ニューヨークへ行った際にチェックアウトの時に請求書をチェックすると、頼んでもいないルームサービスの料金がつけられていました。どうやら別の部屋で利用されたルームサービス料金が、間違って私たちの部屋につけられていたようです。

その旨を申し出ると、フロントデスクの人はその場で調べてこちらの言うとおりその請求が間違っていることを確認してくれました。その時は無事に済んだと思い安心していました。

申し出たはずなのに?間違いによるルームサービス代金請求がカード支払明細に!

帰国後カード支払いの明細をチェックしたところ、なんとそのルームサービス料金がついたままだったのです。

JCBからホテルに連絡してもらい問題解決!後日、JCBからお詫びの品が届く

JCBに連絡し、ことの次第を伝えました。JCB側からホテルに問い合わせをしてくれるということでした。海外とのやりとりだったのでその頃は少々時間はかかったのですが、先方のホテルに確認してその請求の間違いが証明された旨をJCBから連絡いただけました。

結果、無事に引き落とし済みの超過金額分は口座に返金されることとなりました。しかも後日JCBからは、ちょっとした文具品が送られてきました。

間違いがあったからといって日本に帰国後、自分で現地のホテルに連絡をするのはかなり面倒なことです。こちらとしては面倒なことを肩代わりしてくれただけでもありがたく、その上そのような配慮までいただけて、本当に海外でクレジットカードを利用する利点を実感した一件でした。

海外へ行く時は、念のために複数枚のクレジットカードを持っていこう

普段の生活から、何でもクレジットカードで支払いをする「カード派」の私にとって、海外旅行に行くときにはもちろんクレジットカードは欠かせない必需品で、念の為にブランドの異なったカードを複数枚用意していきます。

実際10年ほど前にロンドンのレストランでJCBカードを出したところ、加盟店であるにもかかわらずなぜか使えなかったことがあり、その時は予備に持っていた別のカードで無事決済できたことがあります。

他の店では問題なく使えていたカードがどういうわけかその時だけ使えなかったのですが、このように海外では何があるかわからないので、いざというときのためにクレジットカードは複数持っていった方が安心です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加