イタリアでの滞在は短期でもSIMを購入した方が得なのか?!

ミラノのドゥオモ

イタリアの携帯会社は、tre,Vodafone, timの三社が有名です。今までのイタリア滞在で全てのsimカードを購入したことがありますが、どの会社も所要時間は、30分です。日本のように2年契約など縛りもなく、使いたい時に使って、使わなくなったら払わないといいだけです。
では、詳しくお話ししていきます。

購入したsimカードについて

2015年の年末にイタリア入りしました。今回は、2016年1月7日にvodafoneのsimカード購入しました。現在もこちらのsimカードをイタリアで使用中です。

使用したスマートフォンとSIMのサイズ

日本で購入したsimフリーiPhone。SIMのサイズ(micro)

購入場所、購入方法

まず近くにあるvodafoneショップを探し、いつも混んでいるので日本と同じように入口近くにある番号札をとり、順番を待ちます。まずどのプランにするか決めなくてはいけません。プランを選ぶときの大きなポイントは、インターネットを何GB使うのか明確にしておくと選びやすいです。海外では、外出時に地図や、情報を携帯で調べることも多くなるので、思っているよりも少し大きめのものをお勧めします。

私は、出先であまり使わないので1GBのプランを選びました。200分の無料通話付きです。

まず、書類に住所など必要事項を記入し、パスポートを提示します。そして、プランを選び、完了です。支払い方法は現金のみです。プリペイド式が一般的で、1ヶ月毎にスーパーマーケット、カフェテリア(バール)、携帯ショップで課金します。日本に帰り使わなくなったら、課金をしないだけで大丈夫です。6ヶ月間課金がなければ、自動的に電話番号が消滅します。

購入料金

携帯は、日本購入のものを使ったので、支払いはvodafoneの1GBのsimカードのみでした。25ユーロ(3.250円)の手数料と、月々の利用料10ユーロ(1,300円)です。日本と比べるととても安いです。

使用した場所、期間およびプラン

このプランを選びました。

現在も利用中ですが、ミラノ近郊でつかています。もちろんイタリア全土で使えますし、フランスに行った時も少し割高にはなりましたが使えました。

装着方法・使用方法

イタリアsimカードも日本のsimカードも使い方は同じでしっかりと持っている携帯に合ったサイズを知っておく必要があります。万が一サイズが不安な時は、袋の封を切らなかったら変えてくれる場合がありますが、前もって可能か聞いておいたほうがいいです。店員さんの親切心や、こちら側がきっちりと状況を説明できるかによって、交換出来たりできなかったりします。

また、携帯ショップにsimサイズが揃っていないこともあります。その場合、もしサイズが小さいものしかなければ、アダッタトーレ(サイズを変更するための物)を使って使用する場合があります。イタリアでは、日本のようにサイズが揃っているとは限りませんので、サイズ変更をして使う場合も珍しくありません。ごく稀ですが、大きな時は大胆にハサミでsimカードを切って使っている人もいます。

使用した感想

電話する時の通話品質はとてもいいです。インターネットも早くて、快適です。プランのGBを超えてしまうと使うのに不便を感じるまたは、使い物にならないくらい遅くなりますので、注意してください。ただ、プランはすぐに変えることができます。旅行などでインターネットをよく使うのであれば2GBのプランは25ユーロです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加