乗り継ぎもラクラク。タイ、スワンナプーム国際空港のラウンジで快適な時間を過ごす。

a

2014年の7月。タイエアウェイズでシンガポールから日本に、タイのバンコク経由で向かうことにしました。飛行機のチケット料金が他よりも安かったからです。

乗り継ぎ時間が4時間も空いてしまうので、バンコクの空港では必ずラウンジのお世話になろうと決めていました。国際線の乗り継ぎは初めてだったので便の良し悪しについてわかりませんでしたが、とりあえずラウンジさえあれば何とかなると安心していました。

スワンナプーム国際空港は、広くてラウンジの数も多い!

さすがスワンナプーム空港(BKK)。バンコクの国際ハブ空港だけあって広い。ラウンジの数も多くあります。どんなラウンジが利用できるかと事前に調べていたのですが、タイエアウェイズのラウンジは何箇所かありました。

ロイヤルファーストラウンジ、ロイヤルシルクラウンジ、ロイヤルオーキッドスパという3種類のラウンジがあるようでしたが、ロイヤルファーストラウンジ、ロイヤルオーキッドスパは、ファーストクラス、ビジネスクラス利用やタイエアウェイズの上級メンバーといった利用制限がありました。

私はロイヤルシルクラウンジを利用しました。

今回、私が利用できたのはロイヤルシルクラウンジでした。

ロイヤルシルクラウンジ

こちらのロイヤルシルクラウンジはコンコースDとコンコースC,Eの二箇所にあります。飛行機の到着のコンコースから近いコンコースDのラウンジを利用することにしました。

ロイヤルシルクラウンジの入場資格は?

私はスターアライアンスのゴールドステイタスなのでラウンジを利用することができるのですが、タイエアウェイズのHPにはスターアライアンスのゴールドステイタスの場合コンコースCEにあるラウンジのみ利用可能と出ています。しかし私が行ったときは、何の問題もなく利用が可能でした。

ゆっくり過ごすにはちょうど良い広さでした。

ラウンジに向かってみると、ロイヤルシルクラウンジはロイヤルファーストラウンジの向かいにありました。受け付けを通り過ぎ中に入ってみると、規模はすごく広いわけではありませんでしたが混雑していなくゆっくり過ごすにはちょうど良い広さでした。

こちらのラウンジは軽食はもちろんのこと、シャワールームも完備されていました。シャワールームの利用希望の場合は受付で伝えると鍵を渡してくれますが、私が利用した時間帯が夜でしたので、順番待ちとなってしまいました。一時間ほどすると係りの人が声をかけてくてようやくシャワーを利用することができました。

シャワーの順番のを待っている間は、まずは軽食をいただくことに。麺類、揚げ物、デザートといったタイらしい食べ物や点心のような蒸し物もありました。ほかにはサンドイッチのような定番のものまでそろっていました。南国らしくフルーツは豊富にありました。飲み物も一通りソフトドリンクが用意されていましたが、アルコール類は種類が少ないように感じました。

レストランのビュッフェではありませんし、ものすごく豪華というわけではありませんが、時間を潰すには十分な種類でした。

シャワーを終えて乗り継ぎ間での時間は無料のWifiで快適な時間を過ごすことができました。何より混雑していなく、女性一人でも気兼ねなく過ごすことができ助かりました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加