フィリピンでSIMフリー端末を使ってネットに接続する方法

フィリピンの夕暮れ

40代後半の男性です。IT関連企業に勤務しておりますが、仕事でフィリピンに来ており、現在もまだ滞在を続けています。

SIMカードはスマフォ用はSMARTBROになりますが、ガラケー用にSMART BUDDYとGLOBEを所持しております。

フィリピンでSIMフリー端末を使ってネットに接続する方法を述べてみたいと思います。

フィリピンでSIMフリー端末を使ってネットに接続する方法

まず、SIMフリー端末としてSONYのXPERIA Z3コンパクトを用意しました。マニラにあるSONYの携帯ショップでは新品が25,000ペソくらいで販売されていました。

価格は1ペソ2.5円として75,000円になります。日本で中古を探すと50,000円くらいで購入できるので、日本から中古を買って持参されるほうがよいかもしれません。

フィリピンでSIMフリー端末を使ってネットに接続する方法

場所はマカティのグロリエッタというショッピングモールにあるSONYの直営店で、周囲にはサムソンやノキアなどの直営店が立ち並ぶ一角で購入しました。

次にSIMカードの購入ですが、プリペイドのSIMカードが街中いたるところで販売されています。セブンイレブンなどのコンビニでも販売されています。

マニラに行く人はたいていマカティというビジネス街に滞在するのですが、中心部にグリーンベルトという大型ショッピングセンターがあり、その一角のグリーンベルト1という場所の2階に携帯電話を販売しているブースが集中しています。そこでの購入をおすすめします。

キャリアはSMARTかGLOBEをおすすめします。SMARTの場合はSMARTBRO、GLOBEの場合はTATOOを購入してください。なぜかというと、これ以外のものSIMがNANOではないためです。SMARTBROのほうがTATOOに比べるとう販売しているショップが多いようです。

SIM2

SIMカードの価格は50ペソ(125円)と格安ですが、ロードをしなければ使うことができません。ロードをする方法はショップでカードを購入してカードの裏に書かれている番号に電話をかける方法、コンビニの端末でロードをする方法、ショップのおばさんがテキストをして行う方法などがあります。

SIMを買ったときにショップのおばさんにお願いしてロードしてもらう方法をおすすめします。データ用と通話用の合計で500ペソ分くらいを最初にロードしておきましょう。

ここで注意しなければならないのは、ロードするだけではネットができないということです。ロードした金額を使って何がしかのプランに加入する必要があります。

おすすめのプランは299ペソで30日間で1.7GBのデータ通信が行えるBig Bytes299です。加入方法はBIG299を2200にSMSで送信するとすぐに有効になります。

スピードテスト

通信速度ですが、これは場所と時間によって大きく異なるのでしょうが、下り速度はLTE、3Gともに1Mbpsとほとんど同じです。私の印象としてはLTEでも3Gでも体感速度はほぼ同じ、バッテリーは3G のほうが長持ちするので、3Gの設定にして使っています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加