チャンギ国際空港でトランジットを楽しむ方法


photo by Fabio Achilli

シンガポールの玄関であるチャンギ国際空港(SIN)は、世界トップランクの国際空港です。

国際空港評議会(ACI Airports Council International)が発表している空港の格付けに世界最優秀空港賞(Airport Service Quality Awards)があります。世界最優秀空港賞は次の4つのカテゴリーに分かれています。

  • 地域別(Best Airport By Region)
  • 旅客数別(Best Airport By Size)
  • 小空港(Best Small Airport)
  • 最高の改善(Best Improvement)

チャンギ国際空港は、2014年度に“地域別ーアジア・太平洋州”と“旅客数別”で、2位に選ばれています。本当に評価に見合った空港なのでしょうか?実際に見てきた様子をお伝えします。

チャンギ空港はこんな豪華な空港です。

チャンギ空港は3つのターミナルで構成され、ターミナル4が2017年に完成予定です。それぞれのターミナルはモノレール”スカイトレイン”でつながっています


photo by Fabio Achilli

ターミナル1には、サボテンの庭やスイミングプールが、

photo by Jason Thien

ターミナル2には、様々なガーデンと小さめの映画館が、

Todd Wade

ターミナル3には、40席ほどの映画館や滑り台などがあります。各ターミナルには免税店、休憩施設、マッサージ器、プレイグランドなどがあり、無料で使用できます。

トランジットの楽しみ方 3~4時間

長旅で疲れた足をマッサージ器でマッサージ

マッサージ器は、左右に並ぶ搭乗口の、センター通路の両脇に置かれています。利用は無料なので、埋まっていることが多いです。空いているのを見つけたらすぐに利用してみてください。

足の疲れが取れたら、少し休憩

各ターミナルに仮眠ができるラウンジがあり、長椅子がおかれています。私はターミナル3の”スヌージラウンジ”で横になりました。

一息ついたら、映画を見たり、ショッピングしたり、食事をしたり

空港の中を散策するだけでも面白いですよ。空港内はWi‐fiが無料で使えます。

プライオリティパスをお持ちなら「グリーンマーケット」での食事がおすすめ

ぜひターミナル1の「グリーンマーケット(The Green Market)」に行ってみてください。無料で和食が食べられます。オーダー形式とビュッフェ形式があり、両方とも同時に利用できます。

トランジット時間が5時間以上ある方はシティツアーに参加を

ぜひシンガポールのシティツアーに参加してください。シティツアーは、無料でシンガポールの市内観光ができるツアーです。市内観光のブースはターミナル2と3の通関手前に設あります。

市内観光の内容はチャンギ国際空港のHPで見る事ができますのでご参考ください。

以上、ビジネスラウンジを使わなくても十分堪能できるチャンギ国際空港をぜひ積極的にご利用してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加